WITH

「人は五感に加え 『地磁気』感覚も身につけられる」 東京大学教授・池谷裕二が語る 「脳」と「感覚」の最先端 後編2/2

 DSC_4279

脳に直接電気信号を送って、コミュニケーションすることもできる

堀江 今後はどんな研究をされていくんですか? 『池谷脳創発プロジェクト』っていうのは?

池谷 『池谷脳創発プロジェクト』とは、実は、自分で勝手に言ってるだけなんですけど……(笑)。でも、大真面目です。僕らはまだ、脳のポテンシャルをすべて使い切っていないと思うのです。だとしたら、眠った才能を活用してみたいと考えています。たとえば「もしかしたら人間が持っているかもしれない地磁気の感覚」を活性化できるとしたら、真っ先に自分で試してみたいんです。

堀江 すでに何かメソッドは考えているんですか?

池谷 はい。地磁気の感覚がもし哺乳類にあるとしたら、脳のこの部分だろうということは推測できているのです。「上丘(じょうきゅう)」という脳部位です。上丘を活性化させることで、地磁気センサーの感度を高めることができるんじゃないかと想定しています。強い地磁気を頭に当てながら光フラッシュを使うことで、「磁気とはこういうものだ」ということを脳に教え込むんです。そうすると、弱い磁気や地磁気さえも感じとれるようになるのではないかというやり方です。

堀江 へー。

池谷 それをやろうと。自分でも感じるようになりたいですし。

堀江 できそうですか?

池谷 まったくわからないです。まだ仮説なので(笑)

堀江 僕、脳の刺激にはすごい興味があるんですよね。

DSC_4308

この続きは6/29(月)配信のメルマガで後半も合わせ全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保