WITH

「遺伝子操作で人間の脳を持つ 動物を作ることは可能」 東京医科歯科大・田中光一が語る ゲノム編集の最前線 後編2/2

DSC_6805

中国はすでに人の受精卵で遺伝子改変を行っている

堀江 田中さんは、そうしたゲノム編集の技術を格段に飛躍させたということですが……。

田中 2012年にゲノム編集のCRISPR/Casシステムが発表されました。それ以降、標的遺伝子を破壊したり、標的遺伝子の配列を1塩基置換したり、ゲノム編集は効率よくできるようになりました。しかし、標的部位に別の長い配列のDNAを挿入(ノックイン)することは、効率が悪く、難しかった。そこで我々は、今回、そのノックインの効率を上げる方法を開発しました。

堀江 なにがポイントだったんですか?

田中 ポイントは、ガイドRNAを2分割したこととCas9の蛋白質を用いたことです。細菌のガイドRNAは、2種類のRNAでできていましたが、2012年の論文では、操作を簡略化するため、それをリンカーでつなぎ1種類のRNAとして用いました。しかし、我々は、それを2分割し、細菌が本来持っている形にしました。さらに、Cas9がDNAを切断する時間を短くし、標的以外のDNAを切断しないように、従来使われていたRNAではなく、蛋白質として用いました。2つの改変により、ノックインの効率がグンとあがったんです。

堀江 理由は何なんですか?

DSC_6755

この続きは7/27(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保