WITH

「培養肉」に 「ひも状組織」東大生産研・竹内昌治教授が語る “細胞でのモノ作り”とは?前編2/2

DSC_8390

血糖値を24時間モニターできるセンサーを開発

竹内 それから、僕らのプロジェクトでは埋め込み型のセンサーの研究もしています。例えば、糖尿病の患者さんは血糖値を管理することがとても大切ですが、血糖値はどうやって測っているかというと1日に4回、指に穴を開けて血を採って測っています。でも、その方法では血糖値が「上がっているのか」「下がっているのか」まではわからない。連続して血糖値を測るには、やはりセンサーを埋め込むしかないのが現状です。これは血糖値が高くなると光が強くなるハイドロゲルです。わかります?(光の強度の違うハイドロゲルを見せる)

堀江 ああ、だんだん光の具合が上がっていますね。

竹内 これを体に埋め込んでおくと、光の強度から血糖値がどれくらいなのかを換算することができるし、24時間連続してモニタリングすることもできるんですよ。

堀江 これ、ずっと体の中に入れておくことが可能なんですか?

竹内 今、いろいろな安全性のテストを行なっていますが、非常に安定しています。僕らの研究室では、動物にもう4ヶ月以上入れています。4ヶ月持てば、1年くらいはいけると思うので、比較的長期の埋め込みには対応できるはずです。

堀江 これは注射で入れるんですか?

DSC_8428

この続きは9/14(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保