WITH

「ナノカプセルが体中をめぐり、 知らない間に診断と治療をする」 東大・片岡一則教授が語る “ナノ医療”の現状と未来 後編2/2

DSC_8755

最終的には“体をもてなす”医療をめざす

片岡 それから、将来的にやりたいと思っているのは、薬を疾患部位に届けるだけじゃなくて、「その場所で薬を作っちゃう」ことなんです。

堀江 できるんですか?

片岡 細胞の中で薬を作ることはできています。細胞の中で化学反応を起こせばいいわけですから。そして、その先にあるのが“ナノマシン”が体の中をぐるぐる回って、疾患部位に行って治すだけじゃなくて、いろいろな情報を採取して戻ってくるということ。

堀江 戻ってくる?

片岡 戻ってくる。戻ってきて、体内に埋め込んだ診断チップに情報を伝えて、そこで分析をしてWi-Fiなどで外部に発信する。体の中ですべてのスキルができる。ウイルスサイズのスマートナノマシンがいつも体の中を回っていて、知らないうちに診断して治療をする。僕はこれを“体内病院”って呼んでるんですけどね。

堀江 酵素を搭載したり、スキャンしたりするナノマシン……。

片岡 僕が高校生の頃、『ミクロの決死圏』(1966年日本公開)という映画があったんですけど、ご存知ですか?

堀江 はい。

片岡 お医者さんと乗り物が小さくなって人間の体の中に入って行くというストーリーなんですけど、とても面白かった。それを実現しようと思っているんです。

堀江 なるほど。全然違う形でね。

片岡 実は、この映画に元ネタと思われるものがあるのをご存知ですか?

DSC_8754

堀江 知らないです。

片岡 『38度線上の怪物』(1953年『少年画報』付録)というんですが……。

 

この続きは10/5(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保