WITH

「太陽系の近くに生命居住可能惑星はある」 天文学者・成田憲保助教が語る 系外惑星観測の未来とは?前編2/2

DSC_9968

宇宙望遠鏡「テス」の打ち上げ1年目で、生命居住可能惑星が見つかることも

成田 天文学の分野では、毎年のように“地球に似た惑星”が見つかっていて、2017年にもNASAが新しい宇宙望遠鏡を打ち上げるんですよ。

堀江 なんていう名前でしたっけ?

成田 『TESS(テス)』です。

堀江 そうだ、テスだ。

成田 テスが打ち上がると、太陽系にかなり近いところにある生命居住可能な惑星が見つかるかもしれないんです。今まで発見されているのは、遠くて……。数百光年先とかなんですよ。

堀江 ケプラー(宇宙望遠鏡)が見つけてるやつですよね。

成田 はい。

堀江 ケプラーとテスの違いっていうのは?

成田 ケプラーは観測視野が10度×10度くらいで、正方形の領域をずっと見続けているんです。同じ視野を4年以上観測していました。テスは24度×96度の長方形の領域を観測する。

堀江 広い!

成田 すごい広いんです。しかも、27日ごとに少しずつ領域を変えていって、2年間でほぼ全天を観測できる。全天を観測するためにひとつの領域の観測時間が短いわけで、だから近いところにある惑星しか見つけられない。

堀江 それは「トランジット法」で見つけるんですか?(編集部注:トランジット法は、惑星が主星の前を通る時に主星が減光することで、その惑星を発見する方法)

DSC_9941

成田 はい。テスだと太陽系の近くにある生命居住可能惑星を10個から20個くらいは発見できるだろうと言われています。

堀江 考えてみれば当たり前のことですけど、ほとんどの恒星に惑星ってあるんですよね。

成田 あるはずです。今のところわかっているだけでも、数十%の割合で生命居住可能領域(ハビタブルゾーン)に惑星があるんですよ。ただ、それがまだ見つけられていないんです。

堀江 見つけるためには、トランジット法くらいしかない?

成田 トランジット法と「視線速度法」というのがあります。視線速度法というのは、惑星が公転しているとその中心にある星が惑星の重力によって微妙に揺さぶられるという……。

堀江 「ドップラーシフト法」ですか?

成田 そうです。ですから、トランジット法とドップラーシフト法を使って、太陽系に近い低温度星の生命居住可能惑星を探すということが、これから5年後、10年後の研究テーマになるはずです。そして、その先にあるのが発見された惑星をTMT(Thirty Meter Telescope/口径30mの光学赤外線・次世代超大型望遠鏡)などで観測することです。

堀江 この分野って、この10年くらいでワーっと盛り上がってきたじゃないですか。それまでは何で盛り上がらなかったんですか?

成田 「技術が追いついていなかった」というのが大きな理由でしょうね。20年くらい前に初めて太陽系外惑星が発見されたんですよ。それまでは系外惑星を発見できるような技術レベルに達していなかった。それが、最近は系外惑星の中で地球と似たような惑星を発見できるようになったんです。だから、今度は、その地球と似たような惑星の性質を調べようとしているわけです。

堀江 それをTMTとかでやろうとしているわけですね。

成田 そうですね。TMT以外にも、去年、僕たちのチームが岡山県に作った「MuSCAT」(マスカット/主に太陽系外惑星の大気を観測するための装置)というのがあります。ケプラーは今「K2」という観測をやっていて、K2とテスで発見された惑星の中から「これだ」というものをマスカットで調べようと思っています。

堀江 2017年に打ち上げるテスの成果が出始めるのは、その5年後くらいですか?

DSC_9944

 

 

この続きは11/9(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保