WITH

不動産屋を比較。仲介手数料最安を選べる新しい部屋探し<yeah! イエー>2/2後編

<PR>
DSC_1715

情報リテラシーの重要性“ふわふわ”ユーザーは損をする!?

堀江 話を聞いてると不動産業界ってほとんど理解されていないですよね。

川崎 もう既に入居者が決まった優良物件をいつまでもポータルサイトに載せているというようないわゆるおとり広告もそうですけど、現状は、お部屋探しをしている人をいかに自社に取り込むかということに重点が置かれていますね。

本来はどの不動産屋さんでも契約できる物件であるはずなのに、それが知られていないのをいいことに、どんな手を使ってでもリーチしてなるべくたくさんのお客様を取り込んだ方が勝ち、みたいな。同じものを扱っているのに価格競争が存在せず、仲介手数料は不動産屋さんが取って良いとされる最大金額である家賃の1ヶ月分払うのが当たり前となっている。
こんな業界は他にはないんじゃないですかね。こうなってしまっている原因のひとつに、お客様自身が不動産の仕組みを理解されていないことがあると思います。

堀江 ふわふわしてる。

川崎 部屋を借りる時には大きなお金が動くのに、契約する時にふわふわしてるのはもったいないですよね。

堀江 みんなふわふわした感じで保険とか入ってますからね。

川崎 そうですね(笑)。保険とかはふわふわですね。

堀江 ネット保険比較をやりに店舗に行ってっていうのが。

川崎 面白いですよね。

堀江 ほけんの窓口とか出てきたときに、なんなんだこれはと思いましたもんね。あ、窓口で比較しないとだめなんだ。。。みたいな。

川崎 そうなんです。yeah!も年末ぐらいには店舗をと考えています。

堀江 へー。

川崎 ネットでできると言っても理解できない人がまだいるんです。horiemon.comのユーザー層はある程度リテラシーの高い人だとは思うんですけど、ほとんどの人にとっては街の不動産屋さんを訪れて内見案内してもらって高い仲介手数料を払って契約するというのがまだ当たり前なんですよね。

DSC_1687

堀江 なんか、ススキノの案内所みたい。

川崎 (笑)。本当にそうですね。はい。まさにそれモデルですね。(笑)

堀江 でもそっちの方がいいのかもしれませんね。

川崎 構造を理解する気が無い人に理解してもらう必要はないですからね。あそこに行ったら安かった。その事実だけでいいのだと思います。

堀江 うん。不動産の、何ていうのかな。

川崎 不動産の窓口じゃないですか(笑)。

堀江 不動産の窓口(笑)。

堀江 不動産の窓口っていうのはアリかもしれないですね。結局そっちの方が全然成長しそうな気がします。

川崎 そう思います。ただ店舗を持つと店舗の賃料等の固定費が増えますので、ネット経由のお客様と同じ金額で同じサービスを提供できるかどうかはわかりません。だからこの対談を読んで理解していただけるようなリテラシー高い人は是非ネットからお問合せくださいね(笑)。

堀江 店舗全然いけると思いますよ。全国主要都市全部に不動産の窓口があるといった感じで。

川崎 その方が成長しそうですよね。

堀江 結局そこかよ、みたいな(笑)

川崎 そうなんです。ふわふわしてしまってる人をふわふわじゃなくするのってかなり難しいことなので、やはりふわふわの人に合わせていく方が成長率は高いんですよね、残念ながら。(笑)

堀江 ホントふわふわだよなー。

川崎 (笑)。今日のテーマはふわふわってことで(笑)。

堀江 何万円、何十万円かかるところをふわふわにしてるんだもんね。

DSC_1720

川崎 もったいないですよ。家賃30万円の部屋に住むために、仲介手数料を30万円も払ってる人がほとんどですからね。yeah!だときっと5万円もかからないですよ。
もっと安いケースもありますよ。不動産屋さんで仲介手数料無料と書いて張り出されてるような物件は、お客様からいただかない代わりに大家さんから仲介手数料をいただいている物件なので、yeah!の価格比較サービスを使った場合は、逆にお金がもらえるキャッシュバック対象物件になります。一例ですが、仲介手数料が5万円かかったとしても30万円キャッシュバックされれば差し引き25万円のプラスですからね。不動産屋さんによってはお客様からと大家さんからと手数料を両取りしている場合もありますから、それと比べると初期費用で50万円とか60万円の差が出ちゃいますよ。

堀江 それはでかい。

川崎 浮いたお金で引越し費用くらい賄えますよね。お金を無駄にせず、是非多くの人にyeah!を利用していただきたいです。(笑)

堀江 期待してます。ありがとうございました。

川崎 こちらこそ、ありがとうございました。

yeahbann