WITH

10♥2030 司法書士法人 新宿事務所 阿部亮×堀江貴文 後編 2/2

14249282_1040096839422408_574612904_n
<PR>

12347926_1055887501130602_685874814678750545_n

リピートの法則。「だってCMは音楽だ」ギネス記録級の裁判件数の達成の秘密

堀江 僕の知り合いで「伝え方が9割」っていう本を書いた佐々木さんって方がいらっしゃるんですけど、彼は博報堂で十何年間コピーライターをやってきて、そのコピーライティングの極意をあの1冊の中に込めたんですね。あれを出すときにけっこう悩んだらしいんですよ。なんでかっていうと、これを出したら俺の仕事がなくなるんじゃないかって思ったらしいんです。だけど、実際はあれを読んであれを実践する人ってほとんどいなくて。

阿部 僕はその本読んでけっこう実践しましたけど。

堀江 やっぱり阿部さんは実行しちゃう人なんですね。でも、ほとんどの人は実行しない。というかできないんですよ。この間、彼と対談してそういう話をしたんですけど、僕は流行語大賞を2回獲ったので、今度は狙って3回目を獲ろうと思ってるんですよ。今年は何かなって話をして、僕はよく炎上するので、じゃあ炎上ネタでいこうと。佐々木さんによると流行語になりやすい方法としてリピートの法則というのがあるらしいんです。「じぇじぇじぇ」とか「ダメダメ」とかそうじゃないですか。じゃ、そのリピートの法則を使っていこうっていう話になって(笑)。炎上してる様を秋ぐらいからちょっと「ボボボ」しちゃいましたって言おうかなと。そんなの突然僕がテレビで言い出したら「ボボボ」ってなに??ってなるので、なんかウケるかなって(笑)。

阿部 (笑)。え、それは秋にリリースするのは何かきっと意味があるんですよね。

堀江 流行語大賞ってやっぱり上半期が終わったぐらいにやらないと忘れちゃうので、上半期が流行語大賞を獲ることはないので、基本的には。下半期に狙って獲るっていう(笑)。

阿部 やっぱり(笑)。そうか。

堀江 新宿事務所のCMでやってるのは、佐々木圭一さんの「伝え方は9割」に書いてあるリピートの法則ですよね。
10,20、30、10,20、30!って言うじゃないですか。

DSC_4227

阿部 そうか確かに。僕はCMは音楽だと思って作ってるんです。ナレーションのセリフを一つ決めるにも一文字単位でこだわっていて、さらに発声の仕方で、きちんと韻を踏むとか、しゃべりのリズムが合っていたり、くっていたり、わざとハズしたり・・・。そうするだけでCMを見ている人に伝わる印象とかメッセージ感って全然違うんですよ。ミュージシャンって、そんなことを一生懸命研究しているじゃないですか。

堀江 なるほど、音楽は大事ですけど、でも「CMは音楽だ」って言い切る人は珍しいですね。

阿部 新宿事務所のCMって単純そうに見えると思いますけど、実際は、見る人や聞く人にどんな風に聞こえるんだろうって毎週、毎週、データ分析を繰り返して議論していて、一カ月に一回は必ずマイナーチェンジを繰り返しているんですよ。誰も気づいてくれないかもしれないですが。

だから、新宿事務所のCMは、メロディがついてるわけじゃないですけど、あれ自体は、立派な音楽なんだと信じて作っています。とにかくミュージシャンの人達が、ライブでオーディエンス、一人一人を意識するように、新宿事務所のCMも、テレビの前の「お客さん」の存在をとことん意識しているつもりです。

堀江 お客さんにどう聞こえるか。それ、もう電通報とかに載りそうなネタですね。というか「お客さんに音楽を通じて思いを届ける」ってことで昔のミュージシャンの夢も叶ってるじゃないですか。

阿部 ははは(笑)

堀江 新宿事務所のお客さんって、何十万人規模ですよね。「新宿事務所の秘密」じゃないですけど、膨大なお客さんの法律手続きってどうやってこなしているんですか?

阿部 それはすごく単純な話です。100名の司法書士と500名のスタッフの力を借りてやるだけですよ。最終的には人の力ですよ。

r_DSC_4188

堀江 人の力ね。でもそれだけで「ギネス記録級」と言われている裁判件数をさばけるんですか?

阿部 もちろんITは徹底的に駆使していますよ。基幹システムの開発は、10年以上続けていますし、実は今、人工知能の力も借りようとしていて。お客さんに早く間違いのない安全なサービスを提供するためには、人もITも総動員ですし、逆に、この規模感だと機械のほうが正確というか、人はムラがありますし、やはりミスもしますからね。

堀江 AIをどう使うんですか?

阿部 詳しくは秘密です(笑)法律業界はIT化が遅れていて効率性が悪い状態なんですよね。法律業界全体がIT化をもっと促進することで、国民が裁判や法律をより気軽に利用できるような社会になると思うんです。

堀江 それはそうですね。なんだか阿部さんの人生観への誘導みたいになっちゃいましたが。

阿部 いやいや、話しててとても楽しかったですよ。

堀江 そういう話の方が、僕はすごく人間的魅力が垣間見えてよかったと思いますよ。今日はありがとうございました。

阿部 こちらこそありがとうございました。

14249282_1040096839422408_574612904_n