WITH

「アンモニアの常圧合成が農業を救う⁉︎」 東工大・細野秀雄教授が語る 材料工学の現在と未来 前編2/2

t4992x3292-00088

今はスマートフォンが世の中を牽引している

細野 原理はすごく簡単で、普通のガラスはナトリウムが入っているんだけれども、強化ガラスはナトリウムの代わりにカリウムを入れる。カリウムはナトリウムよりサイズが大きいから、体積が変わらないなら圧縮応力がかかる。圧縮応力がかかればガラスが割れにくくなりますよね。

堀江 そうですね。

細野 昔からあった技術でしたから、アップルのスティーブ・ジョブズがiPhoneに使わなかったら、世の中にここまで広まることはなかったでしょう。

堀江 でしょうね。

細野 ちょっと面白い噂話があってね。iPhoneの試作が終わって、製品にしてさあ売り出そうという段階で、スティーブ・ジョブズが「プラスチックではダメだ。ガラスにする」といって、1日で決断して一気にゴリラガラスに変えたんだって。

t4992x3292-00026

堀江 ありそうな話ですね。

細野 スティーブ・ジョブズじゃなかったら、その決断はできなかったと言われていて、実は強化ガラスに変えるために最初に電話したのはヨーロッパのガラスメーカーだったと。でも、その会社には電話が繋がらなくて次にアメリカのコーニング社に連絡したら繋がったので、iPhone用の強化ガラスを作ってくれとお願いした。それでコーニング社の強化ガラス(ゴリラガラス)がiPhoneに使われるようになったらしいです。

堀江 たぶん、MEMS(微小電気機械システム)とか半導体ジャイロセンサー、加速度センサーもそうですよね。

t4992x3292-00017

 

 

この続きは12/19(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保