WITH

「間が合う」とは何か? 東工大大学院教授・三宅美博が語る コミュニケーションの質と未来への応用 後編1/2

DSC_0498

前編はコチラ

コミュニケーションの質を測れば、組織の健康状態がわかる

三宅 そして、僕らは、この仕組みを何かに応用できないかと思っているわけです。例えば、「うなずくロボット」。

堀江 へー。

三宅 遠隔教育などをする場合、教師がカメラに向かって一方的に話すのは、かなりの苦痛なんですよ。

堀江 その気持ち、わかります(笑)。

三宅 カメラのわきに一人でもいいから生徒がいて、ちょっとでもうなずいてくれたりすると、とても楽になる。

堀江 はいはい。

三宅 ですから、うなずくロボットを使えば遠隔教育などで教師が話しやすくなるということがひとつ考えられます。もうひとつは「ビジネス顕微鏡」ってご存知ですか?

堀江 知っています。もう10年くらい前からやっていますよね。

(※……「ビジネス顕微鏡」とは、組織内コミュニケーションの定量分析ツール。「職場で誰と誰がよく会っているか」や「スーパーで人がどう動いているか」などを可視化することができる)

三宅 僕もビジネス顕微鏡の研究を一緒にやっていて、僕らは人と人がどれだけ同調しているかを測っているんです。例えば、ビジネス顕微鏡のサービスで使用するセンサーの中には加速度計が入っているんですが、このセンサーをつけた2人が同調していたら2人の振動数は近くなると思いません?

DSC_0454-2

堀江 近くなるでしょうね。同調しているんだから。

三宅 逆に、同調していなかったら振動数は離れているはずですよね。

堀江 はい。

三宅 すると、誰と誰が会っているかを調べた時に、AさんとBさんの振動数の差とBさんとCさんの振動数の差を比べると、どちらの組み合わせがより同調しているかがわかるわけです。先ほどの実験からすると「同調しているほど間が合いやすくなっている」ということですから、会った回数だけでなく、どちらがコミュニケーションの質が高いかがわかる。

堀江 そうですね。

三宅 まだデータを取っている最中なんですが、ちょっと面白いなって思ったのは、上司と部下って長時間会っているわりには、同調していないんですよ。

堀江 そうなんだ(笑)。

三宅 ですから、この研究を進めていけば、コミュニケーションの質が高い組織かどうかがわかる。組織の健康診断ができるわけです。

堀江 面白いですね。

三宅 あなたの会社は危ないぞ、みたいな。

堀江 間が合ってないぞ、と。

次のページに続く