BLOG

コンビニ居酒屋という新しいビジネスモデルってエントリがNewsPicksで盛り上がってて面白い。

カテゴリー:
政治・経済, 食べ物・飲み物

コンビニ居酒屋という新しいビジネスモデル

ってエントリがNewsPicksって経済ニュースキュレーションアプリで盛り上がってて面白い。「これはビジネスモデルではない」とか、楠木建って一橋大学の教授の人がdisってたりとか(苦笑)。じゃああんたのいうビジネスモデルは何なんだって言う(笑)。商売の経験もない頭でっかちの教授はこういう事平気で言うんだね。あと、佐山展生って人にもdisられてた。「良くない例」に固有名詞を上げるなって。この人も一橋大学の教授だ。一橋大学の教授は変な人多いね。。ネガティブなアナリストレポートなんか書けないじゃない。そんなこと言ってたら。

私は「食べログのネガティブレビュアーがなぜ不要なのかを書いてみた。」ってエントリを以前に書いたことあるけど、個人経営の美味しいものを提供している飲食店をdisるレビューはその店の経営にダイレクトに響く、というかすぐに潰れちゃうから問題あると思うけど、「金の蔵」を経営する会社はれっきとした上場企業だ。しかも絶対的評価でマズイといっていわけでなくセブンイレブンで売られている惣菜類などに比べるとマズイんじゃないかと私の感想を述べただけだ。

居酒屋の上場企業としてコンビニの食材に負けていると思われているなら経営努力すべきだし、出来る環境は整っている。金の蔵にかぎらず、どこも格安居酒屋のクオリティはコンビニのトップクラスには負けていると思う。それを改善するのは難しいかもしれないが、甘えは許されない。上場企業とはそういうもんだ。ダメなら格安居酒屋で合従連衡してメニュー開発を共同でやるとかいろいろ方法はあるだろう。それを可哀想というのは筋違いだ。頭でっかちの一橋大学の教授は反省しなさい。

他にもコンビニのイメージが悪くなるとか酔客対策が大変だとか、そんな所で働きたくないとか色々意見があった。みんな甘いし、ハナっから否定している人も多かった。やってみないと分かんないじゃない?現代の角打ちって意見あったけど、私自身にそういうニーズがあったから書いてみた。なんならコンビニの隣に同じ経営者が持ち込みOKの飲食スペースつくって席料だけ取ればいい。別に経営者別でもいいけど。ま、失敗するかもしれないけどこればっかりは商売は分からないからね。私は感覚的に成功する気がした。それだけ。なんか商売始めるのに入念な準備とかする人いるけど、はっきり言って意味わかんない。商売なんてプランAで成功することはまれでプランB、プランCまでやってみて何とかなるってケースがむしろ多い。

私がビジネスモデルをブログで書いているので、本気じゃなくて捨てアイディアなんじゃないかって言ってる人もいたけど、この手のビジネスモデルは毎日のように思いついてて、中でもマシなのを毎週有料メルマガに書いてる。はっきり言ってそれを全部立ち上げてたら時間が足りない。だからメルマガ読者に月額864円で提供してる。それをたまに宣伝する意味もあってブログにも書いたりしてる。

結局私の思いつきアイディアを実際に商売でやるような人が成功するんだよねぇ。。。そういう人って天才か馬鹿なんだよねぇ。。。今回のNewsPicksでネガティブコメント書いてる人はいわゆる「小利口」な人が多い気がした。こういう層は商売では成功する確率が低い。私が講演とかで経営者は馬鹿ばっかり、って言ってるのはそういうこと。

コンビニ居酒屋だって、あるいはコンビニの隣に寄生する居酒屋スペース業者だって、とりあえずやってみて改良していって成功する人って出てくると思うよう。

CD好評発売中です。

ゼロ〜裸の俺たち〜
ゼロ〜裸の俺たち〜

posted with amazlet at 14.07.23
ハッカーズ
無修整レコード (2014-06-18)
売り上げランキング: 69,636