BLOG

私のおすすめガジェット『すごいロガー』

カテゴリー:
おすすめガジェット

1899

ロケット開発を行うインターステラテクノロジズ社の代表、稲川くんが商品化を行っているデバイス。それが今回紹介する「すごいロガー」シリーズである。

http://ina111.github.io/NinjaScan_GUI/index_ja.html

オープンソースハードウェア(Creative Commons+New BSD)で、英語名はNinjaScanという名のこのデバイス。3軸の加速度センサ、3軸のジャイロセンサ、3軸の地磁気センサ、気圧計、GPS受信機、温度センサを搭載し、自らが動いた軌跡を記録するというもの。

ラインナップは、ログに特化した最小の「もうちょっとすごいロガー」と、外部出力端子付きでテレメトリ化なども可能な標準タイプ「ちょっとすごいロガー」の2種類。GPS/INSのカルマンフィルタによる位置姿勢の高精度測定が可能な高性能アルゴリズムを内部に搭載したタイプも、現在開発中らしい。

この機能だけでも十分スゴく感じるだろうが、さらにスゴいのが、そのサイズ。一円玉3枚を並べたよりも小さいのである。重さは、形状の大きなちょっとすごいロガーでも、わずか9グラム。計測データは搭載されたmicroSDスロットで保存するので、電源さえあれば全てのログをmicroSD上に保存できてしまうし、microUSBポートもあるのでUSB経由でのデータの受け渡しも可能。

付属のソフトを使えば、すごいロガーシリーズのログをMicrosoft Excelなどに読み込める形に変換することやリアルタイムに計測値を読み込むこともできるし、計測したデータをアカデミックな用途にも堪えられる高品質なグラフに出力できたりもする。

このデバイス、そもそもは打ち上げ実験を行なうロケットに搭載しその動きを把握するための用途で開発。2014年5月から販売を開始し、大学・企業・宇宙イベントでの公式採用もされているだけあって、機能的には申し分なし。しかも値段が2万円ちょっとなのだからコストパフォーマンスは最高。ロケットに搭載する以外にも、さまざまな事に応用することができそうな感じ。個人でも購入することができるので、開発を行っている人は一度触ってみてほしいと思う。