BLOG

小保方晴子さんのSTAP細胞の成功でリケジョは増えるか!

カテゴリー:
宇宙・科学関連, 生活関連

酸の刺激だけで万能細胞作製 新型「STAP」理研が成功(MSN産経)

もうこの話題でメディアは大騒ぎ。小保方晴子さんは研究が注目されること以上にプライベートや家族の事まで取材されまくって研究に支障をきたしていると悲鳴を上げているらしい。まあ、私も似たような経験があるのでよく分かる。あれ大変だよね。私の場合、一緒に住んでる家族とかいなかったし六本木ヒルズレジデンスってセキュリティ対策がしっかりしたところに住んでいたのでそこまで影響は無かったんだけど。それに経営者だったのでむしろ注目されて社業も良くなるのがわかったので積極的に露出していった。彼女の場合はむしろそれはマイナスの部分も大きいわけで、ちょっとは自粛してほしいところだね。

ただ、彼女がスター研究者になったことで、大きな波及効果があるのは間違いない。だってリケジョって超少数派だもん。理系学部って女子が数%とかそんなレベルだから。だから理系学部の女子って同級生にメチャクチャもてるの。まあ、それは余談として本来ならば理系女子はもっと多くてもいいはず。だって人口の半分以上は女子なんだからさ。しかも学生の頃って男子は女子のことばっかり考えているけど、女子はそうでもないみたいでだから、大学では大抵は女子のほうが男子より勉強してるんだよね。。。

でも一般的にはリケジョはモテない。これは世界的にも共通でハリウッド映画でもリケジョはオタククラスタに入れられてメインストリームのキラキラ女子からは疎まれる存在として描かれるのが残念ながら実態だ。以前紹介した「理系の子」という高校生科学オリンピックに挑む子達の話の中にもリケジョが出てくるけど、彼女らも実績を積み上げてクラスのスターになっていくんだけど、最初は大変だ。

理系の子―高校生科学オリンピックの青春
ジュディ ダットン
文藝春秋
売り上げランキング: 4,621

でもスターが出てきて世の中が評価したら別物だ。IT企業だって、沢山の会社が上場してスター経営者が生まれてきたから、それを目指す子どもたちも増えてきた。IT企業に勤めているといったら今ならそこそこモテるようになってる。子供が成長するのは早い。数年後には小保方晴子さんの成功をみたリケジョ達が物凄い成果を上げてくれているかもしれない。期待しよう。