BLOG

私のおすすめガジェット KOSS 『QZ99』ノイズキャンセリングヘッドフォン

カテゴリー:
おすすめガジェット

【国内正規品】KOSS 密閉型オーバーヘッドヘッドホン パッシブタイプノイズキャンセリング搭載 QZ99

飛行機での移動が多く海外に行くことも増えた昨今。最近はフライト中もネットができるようになったので、LINEやTwitterなどもできるが、やはり寝たり原稿を書いたり映画を観たりする時間のほうが長い。このフライト中での作業は、エンジン音や風切音が結構うるさい。

そこで導入したのが、『KOSS』という米国メーカーのノイズキャンセリングヘッドフォン『QZ99』。こいつが意外とよさ気だったので紹介してみたいと思う。

ノイズ低減方式は、最近主流の電気式のノイズキャンセリングではなく、密閉タイプのパッシブタイプのアナログ式。「ん?」と思うかもしれないが、これが結構いい感じなので、防音用イヤーマフにスピーカーを付けたような感じでかなり遮音性は高い。

最近流行りの電気式のノイズキャンセリングヘッドフォンは、その仕組から周囲の騒音と逆位相の周波を発生させることで、外部の騒音をカットするのだが、これだとうっすらとしたホワイトノイズのような音が聞こえることがあったりする。ビジネスクラスに備え付けられているノイズキャンセリングヘッドフォンもこれにあたるのだが、QZ99ならその心配もない。どのくらいかというと、音を流していればエンジン音もまったく気にならないし、音を流していなくとも原稿を書いたりするのにも集中できるレベルになる。

これ以外の特徴としては、ヘッドホン左にボリュームのツマミが付いているので音量調節を簡単に行えるところが便利。使いはしないが、ステレオとモノラルの切り替えスイッチもついていて、コードが長めなのもいい感じだ。サイズは多少大きめで重量感もあり、締め付けも強いのが玉に瑕ではあるが、遮音性を重視したイヤーマフタイプということでしょうがない部分。もちろん、座りながら映画を観ているだけなら、なんの問題もない。

しかも、値段は1万円以下と、ノイズキャンセリングヘッドフォンの中では安価。このタイプが気になる人は試しに使ってみては?