BLOG

井上トシユキがいい加減なことを言っている件

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, マスコミ批評

何があった!?ホリエモン弁護団全員辞任
※リンク切れ

このブログを開設した、一つの大きな理由はネット上にあふれる、いい加減な情報源に基づく、一方的な私の揶揄記事が間違いであることをアピールするためだ。早速、独自の見解で、間違った見方を流すことが多い(私のことに関してね)、井上氏がやってくれた。まあ、日刊ゲンダイそのものが、私の記事では間違いというか勘違い?が、多いんだけど。

弘中先生とは控訴直後から、個人的に相談をしていて、私の中では控訴審で負けたら、弘中先生に頼むことにしていて、彼からも内諾をもらっていました。控訴審終了後の弁護団ミーティングのあと、高井先生と相談して、弘中先生に頼むことを了承してもらいました。ただ引き継ぎの問題があるのと保釈の身元引受人になっていただいていたり、民事の弁護団との関係などありましたので、あのでの弁護団辞任とタイミングになりました。

なので、私がブログを始める以前から決まっていたことではあります。

それと、高井先生と私が疎遠云々とありますが、たしかにほとんど面会していませんでしたけど、実際のところ、最終弁論が終わってから数ヶ月、特に刑事裁判周りでやることはないですからね。ちなみにブログをやるとは言っていませんでしたけど、なんらかの形で控訴審終了後は、発信をしていく、とは高井先生には言っており、彼もそれは容認していましたよ。

と、なんか業務連絡のようになってしまいましたが、間違っていることは間違っていると、ちゃんとアピールしたほうがいいという弘中先生からのアドバイスがあったので、こうしました。あんまりいい加減なこと、いわないように>井上氏。

追記:ちなみに、週刊現代と日経BPおよび立花隆氏を名誉毀損で訴えている損害賠償請求訴訟は引き続き高井先生の事務所にお願いしています。