BLOG

自動車ローンと金利

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, 政治・経済

借金(ローン)があると、不安って気持ちよく分かります!

私も10年以上前はそんな感じでした。会社作って1,2年目くらいまではコピー機のリースを組むのさえ、嫌がっていたほどです(その時は現金で中古コピー機買いました)。理由は、リースすると好きなときに会社を畳めないから。

ちょっと未熟だったですね。さすがに。

だけど、ちょっと世の中の見方変わりました。消費者金融やカードローンの金利は高すぎるけど、自動車ローンの金利は、せいぜい2,3%です。頭金なしのフルローンでも4%程度でしょうか。キャンペーンのために自動車メーカーが金利負担をすることすらあります。すると金利は0%です。

消費者金融でお金を借りている人が自動車を現金で買うのはナンセンスです(そんな人はいないと信じたい)。でも、逆のパターンはあるかもしれないな。自動車を現金で買った後にカードローンとかでお金を借りるパターン。

ローンだとすぐに車を購入できるのがいいです。金利2,3%なんて消費者金融に比べれば、全然たいしたことはないです。

あと、この辺の感覚は、また好き嫌いの問題と言われそうですが、車を新車で買う人の気持ちが私は全く理解できません。人生で車を新車で買ったのは、結婚してたときに新車を買わされたくらいです。後は全部中古(フェラーリも中古です)。バイクも中古です。

住宅もですが、車も中古になった瞬間に3割安です。まあ、気持ちの問題でしょうが、住宅は一つ一つ違いが大きいのでなんですが、車は車種が同じなら、ほとんど一緒のようなものです。やっぱり気持ち悪いんでしょうか。新車派のひとたちは。

資産がある人でも車はローンで買ったほうがいい気がしますね。
銀行がいつでもプライム金利で金を貸してくれたらいいですが、金利が安い日本でもプライムローンで2%近くは取られるでしょう。そもそも個人に銀行が、住宅とか車以外でローンをするのは、その銀行が売っている金融商品くらいです。その金融商品の手数料もとられますから、結局は自動車ローンと金利は変わりません。

あ、なんで資産がある人がローンをするのかといいますと、資産があるっていっても、自分の資産の大半を現金でもっているひとなんか普通はいません。大抵は株式や債券などの金融商品になっています。たまに銀行の口車にのってローンをして為替リスクのある仕組債なんかを買っていたります(それで大やけどをするひともいます)。

ローンで車を買うとその時点で現金が車になります。新車だと買った瞬間に三割減です。不人気車種は売れませんから、さらに減価されます。現金が必要になったときに、困るでしょう?例えば、先週末のような状況で、現金があれば、株式を買うという選択もできます。資産がある人が買う車は1000万を超えるでしょうから、その現金が、先週株式投資に回っていたら???まあ、仮定の話ですが、手元流動性はあったほうがいいという話ですね。

車のローン分を資産運用で稼げるかどうかは、微妙な線ですね。ただ、資産運用の元手は大きいほうが有利なのは間違いありません。ローン金利に負けたとしても、1%以上負けるとは思えません。むしろアップサイドのほうが大きいのではないでしょうか。

都心で車を持つのはナンセンスってのも理解できます(車好きを除く)。

追記:あ、告知忘れてたガーン 加護ちゃんねるというのに出ました。ナース加護と一緒に焼肉食ってますニコニコ