BLOG

上海蟹!

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, 食べ物・飲み物

今年も上海蟹の季節になりましたね。といってももう、一ヶ月くらい経ちましたが。

ちょっと遅まきながら、今年初めて六本木の中国飯店に行ってきました。メスが今最盛期でオスの上海蟹もいい感じになってきているとのこと。

というわけで、まずは上海蟹の老酒漬け。お酒だめな人が可哀想になるくらい、うまい!ねっとりとした身がうま~い。食べるの面倒ですけど、みんな黙っちゃいます。

次に、メインの上海蟹の蒸し物です。今回はメスを食べました。卵がたくさん入っていてボリュームあります。ここからがこの店の真骨頂なのですが、全部足とかの小さい身を全部剥いて(!)出してくれます。腹のところはパカって開けるだけなので、簡単なのですけどね。

身を黒酢につけて食べます!剥き身なので、会話をしながら食べることができるのがいいです。私が好きなのは、この後に出てくるショウガ茶です。ちょっと甘いんですが、ショウガがピリッと効いていて美味しいです。大抵、人の分まで飲んじゃいます。もともとは、上海蟹が淡水のものなので、消毒目的らしいのですけどね。

その後は、剥き身を大胆に使った味噌炒めです。これでもか!というくらいに剥き身が入っています。やばいです。

で、蟹肉入りのチャーハンです。何もいうことはありません。すばらしいです。そして、上海蟹入り、小籠包です。小籠包は美味しんぼ流に、一口でいただきます。口の中が火傷しそうですが、目茶ウマです!もう、食えねーとか思いつつ、上海蟹入りの中華そばを食べます。満足・・・・。

上海蟹ならこの店が、私は世界トップクラスだと思うんですが、言いすぎでしょうかね?香港でも上海でもシンガポールでもこんなにうまくて、(剥かないでいいので楽な)店を知りません。ちょっとお値段張りますが、上海蟹未体験の人は一度体験してみるべきと思います!

#写真撮り忘れました。すいません。まあ、大抵撮っていませんけど。
#紹興酒も一本開けてしまいました・・・。

追記:上海蟹の仲間は日本にも生息しています。モクズガニといいます。小川などに生息していますので、田舎などでは、普通に食べたりします。沢蟹と同じようなところにいますが、大きさが違います。網とか仕掛けて捕るみたい。

私は、おじいちゃんちでモクズガニを炊き込みご飯にしたもの、食べてました。めっちゃ美味しいです。上海蟹の仲間としって、納得。