BLOG

誕生日は裁判所で・・・・

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, マスコミ批評

もう36歳になっちまった・・・。ま、30歳になってからの数年間は非常に充実したものとなっているので、いいのですが。。。

で、今日はなぜか裁判所に出廷しなければならなくなったのです。

私が原告なので、仕方ないといえば仕方ないんですが、被告講談社の、例の週刊現代の案件です。私が違法カジノに行ったとかいう。しかも、被告側の証人として召喚されていた園山某氏は出廷しないそうです。なんじゃそりゃ。ま、あのとおり法廷で証言したら、まるっきり偽証なんだから仕方ないんだろうが。

そもそも、なんで行ってもいない違法カジノに行ったと相手が主張している日時のアリバイの証明までせねばならんのだ・・・・。

しかもそのアリバイを証明するための証人も用意してるのに、私が出廷する意味って???

週刊現代は私が出廷することを面白おかしく記事にしたりする可能性があるってのにね。

それよりもなによりも、あれだけこちらがアリバイにプラスして相手の証人が信用できないことを列挙する証拠を提出しているにもかかわらず、被告側の求めに応じて私を召喚する裁判所の姿勢もどうかと思う。ま、私が司法に信用されていない証拠なんだろうけど・・・。

どんだけ、私は怪しい人物だと思われてんだろう?とちょっと自虐的になってみたりもする。

#島耕作話のフォローですが、あれはあくまでもフィクションであって、実際の会社はあんなにドロドロしたことはありませんよ。もしかしたら、漫画の影響もあってビジネスはドロドロしたものだって思い込んでいる人もいるのかな?