BLOG

みんな、少しは賢くなってきたということか?

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, スポーツ・娯楽

不況で夢すら買えません…宝くじ不振、3~5枚購入も
※リンク切れ

そもそも、宝くじは、一番割りの悪いギャンブルであるということを理解している人たちがどれだけ居たのだろうか?宝くじは購入した時点で大体50%程度が控除されている。胴元がものすごく儲かる仕掛けなのである。

競馬や競艇などは平均75%程度だし、海外のカジノなどは、何をプレイするかにもよるけど、90%以上の払い戻し率である。宝くじの払い戻し率の低さは群を抜いている。

税金まで考慮すれば、たしかにお得な面もないではない。宝くじの配当金は課税されない。しかし競馬の払戻金には課税される。しかも馬券毎に課税されることになっている。購入に要した費用を差し引き、儲かった額のさらに半分に対して課税される。となると25%程度課税されていることになる(払っている人がどれだけいるのだろう?という問題はあるが)。しかも馬券毎というのが問題だ。別の馬券との損益通算は認められないのだ。

まあ、数百万とか数千万単位で、年間を通して儲かっていれば税務署も興味を持つかもしれないが、それ以下の儲けに関してはスルーしているのかもしれない(そんなことを言い出したら、競馬が成立しなくなってしまうというのもあるのかも)。

で、宝くじである。宝くじがこれだけ割りの悪いギャンブルであるにも関わらず支持されていた理由は、なんといっても、万が一当たったときに大金がもらえるということなのだろう。まあ、でも冷静に考えてみれば、それは本当に夢なわけですからね。

もっと身近なものに走っているということなんだと思うね。
最近は、おそらくFX(外国為替証拠金取引)だろね。

宝くじと違って、自分でなんとか努力すれば大金持ちになりそうだもんね。はまっているひと一杯いそうだけど、リーマンショックで結構やられただろうなあ。。結局表題の如く、賢くなっているように見えて、目先が変わっただけで、やられる人はあいかわらずやられている、ということで。