BLOG

ポテサラ

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, 食べ物・飲み物

腕時計の件、あまり私が無くさないようになる案は無かったです~。残念。たしかにポケットはジーンズのポケットくらいしかないし、モノはケータイ一つくらいしか管理できんのですショック!

あと、やっぱり腕時計は高価なものをつけてる人が多いですよねぇ。なんでかなあ。時間見るという機能はケータイ電話で十分な今(さらに最近のケータイは、基地局のGPS受信機の時計で時刻補正までしてくれる。まあ、腕時計も電波時計対応してるのもありますが。。。ここで疑問。なんでGPS付きのケータイはケータイ自身で時刻補正しないんだろうか?海外に行くと、基地局で補正できないことが多いですからね)、腕時計は指輪やネックレスなどと同等のアクセサリーでしか無くなっているのだろうなあ。

でも実用性が無くなっても、価値が毀損しないってのは、腕時計にとっては幸運でしたね。ゴルフのパーシモン・ウッドはメタル・チタンウッドの登場で実用性がほとんど無くなったら価値が暴落しましたからね。

と、今日の私の選択は、ポテトサラダです。
といっても、今日食べるわけではなく、ポテトサラダに入れるマヨネーズの事です。

私は、マヨ派と非マヨ派を揺れ動いています。マヨ派は「え?ポテトサラダにマヨネーズ入れないって、それ、ポテトサラダじゃない!」っていいますが、マヨ入れすぎると、ベチャっとしてしまうのが嫌ですし、マヨ入れない状態の食感も捨てがたいです。

と、まあ、基本的にはポテトサラダ好きな私なのですが、世の中には、ポテトサラダ用のじゃがいも、なんてのもあるのです。

いや、最近は肉じゃが向けとかフレンチフライ向けのじゃがいもの品種もあります。熟成させると美味しくなるじゃがいもとかもね。

そういわれるとなんで最近まで、じゃがいもといえば、メークインとか男爵くらいしか無かったんだろ?と疑問に思います。それは、どうやらじゃがいもの栽培方法の問題のようです。

じゃがいもは普通の植物とちがい、種を蒔いて育てるのではなく、芋の芽一つにつき一かけらに切った種芋を地面に植えて育てます。種芋の原種は厳重に農林水産省の関連団体が管理してるみたいです。病気が広がるとまずいからみたいです。

そのため、生産効率が種から育てるものと違い、相当悪いようです。種から育てられないのはやっぱり病害虫に弱いからなのでしょうね。ちょっと違いますが、苗が弱いスイカやメロンもカボチャの苗に接木しますしね。

しかし、日本の農業試験場ってのはすごいね。世界でもトップクラスだと思うね。

私の出身地、福岡県でもイチゴの栽培が盛んなのは、農業試験場が甘くて美味しいイチゴの品種改良を行っているから。わたしが子供のころは、いちごといえば「春の香」って品種で甘酸っぱい感じのイメージがあったけど、それから30年後の「あまおう」は色も真っ赤だし、味もあまーい感じ。

すごい進化。