BLOG

金霧島なんてあったんだ!

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, 食べ物・飲み物

昨日新年会をやりました。で、普通に焼酎とか飲もうとしたんですが、結構好きな、赤霧島を置いてあったので、調子に乗って飲んでいたら、飲みすぎてしまい、一本すぐに空いてしまったわけです。すると、もう赤霧島はないんですが・・・と店員。

困ったなあ、と思っていたら、すかさず、「あのーこういうの、あるんですが。」と持ってきたのが、金霧島。なんと、冬虫夏草入りなんだそうな。飲み口はちょい薬草っぽいテイストもあるけど、黒霧島みたい。で、楽天とか検索してみたら、あるわあるわ。意外と扱っているショップ多いんだね。

ネットってすごいわ。改めて思う。こういうレアっぽいものは大抵検索したら手に入るからね。私の好きな、波照間島の泡盛「泡波」も普通に買えるもんね。だって島行っても売ってくれなくて、民宿の親父さんに気に入られて一本部屋に持って帰ってのんだくらい。でもネットだと気軽に買えたりする。

全然、話変わるけど、オバマ大統領もうすぐ誕生みたいなんだが、その関係で色々聞かれることがある。日本でも「CHANGE」が可能かと。私は悲観的だ。冷静に分析すれば、まず人口構成が違いすぎる。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8720.html

このページにあるとおり、米国は40歳以下の人口のほうが、それ以上よりも多い。しかも、書いてあるとおり90年代までは黒人が出生率を引っ張り、今はヒスパニック系がその役割を担っている。人口が移民以外の要因でも増え続けているのだ。だから、黒人大統領が誕生するのも納得できる。数の上でも既に非白人はマイノリティではないのだ。

だが、日本は全く違う。40歳以上のほうが人口が多いのだ。だから、40代以下の首相が誕生することも在り得ないし、老人優遇の政策しか通らない。民主主義は数の論理で動く。数が多いことが正義なのだ。いくら、正論をぶちかましたところで、数のパワーがない限りだめなのだ。

だから、国が立ち行かないようになるまでCHANGEは起こらない。いくら社会が悲観的に見えても、食うに困るような状況になるのには時間がかかるから、革命も起きない。破滅的な戦争に向かうこともない。

変わるとしたら外圧しかないんだろうなあ。

ネタばれ注意:

あ、あとザ・ムーンみてきました。ラストで、例の捏造疑惑の話をアポロ計画で月に行った、全員に聞いていました。嘘なら8回も同じことしないって言ってた人いました。確かにそうだな。つうか、そもそも嘘ならアポロ1号で人殺したりしないよな。