BLOG

京都のハロウィン

カテゴリー:
アメブロアーカイブ, スポーツ・娯楽

京都のハロウィン

京都では節分の日に、お化けというイベントがあります。お茶屋さんで舞妓・芸妓さんたちが、それぞれ独自の芸をしてお客さんを楽しませるという感じです。それ以外にも夜のキャバクラなんかでも、みんな、それに倣って仮装してたりするので、京都全体が仮装パーティ状態。まるで京都のハロウィンですね。

写真は千社札です。最近はパソコンで手軽にデザインを出来、プリンタでプリントできるので「お化け」用の千社札をオリジナルで作る人も多いようですね。

ちなみに、恵方巻きも食べましたよ。

帰りは、ちょっと仕事を一本やってから、京都駅ビルで買ってきてもらった、「はつだ」の焼肉弁当を食べました。こいつは非常にうまい!

ところで、落合弁護士のブログに、

[刑事事件]<インサイダー>村上世彰被告に猶予付き判決 東京高裁

こういう記事がありました。まあ、落合さん、私、こんな記事くらいで腹立てるほど人間出来てないわけじゃないっすよ・・・・。

まあ、村上さんの事件は、私からするとちょっと村上さんが気の毒で、検察に必要以上にビビッていた(その後の経緯を考えると必要以上ってこともないのかもしれませんが)Mさんの証言だけで立件されたようなもんですからね。実質無罪みたいなもんでしょう。あの保守中の保守の東京高等裁判所が執行猶予付き有罪にしたのは、大きな進歩です。あの程度でインサイダーとか言われたら、ヤバイところはいくらでもあるでしょう。

私としては、検察の意向に沿わない証言をしたせいで、都合三年間、村上さんが、私に会うことを禁じられていましたが、昨日久しぶりにお話ができてよかったです。