BLOG

9/9発行のメルマガ第190号は…

カテゴリー:
アメブロアーカイブ

9/9配信のメルマガ『堀江貴文のブログでは言えない話』掲載予定のコンテンツリストです。

★救済支援についてのお願い★
2011年3.11に発生した東北関東大震災の被災地復興、そして3.11でお世話になった諸外国の世界の人々への募金を募っています。
私も寄付をしました。ご協力よろしくお願いいたします。

◆『ファンドレイジング・サイト 東北地方太平洋沖地震の救済支援!』
http://justgiving.jp/c/1576
被災者の方々に向けた寄付募集をしています。
◆『ファンドレイジング・サイト タイ洪水支援! / 僕自身もタイで洪水支援!』
http://justgiving.jp/c/7486

【1.時事ネタオピニオン】
私が関心を持ったニュースをいくつかピックアップ、その時事ネタに対する私の思いを書いていくコーナーです。ブロガーさんたちが書いているネタも、時事モノであれば、私の意見を書いていきたいと思っています。
時事ネタには、『刑務所なう。』でお馴染みの漫画家、西アズナブルさんの風刺画がついています。

今週のビッグニュース『マイクロソフト、ノキアの携帯事業買収 総額7000億円』では、マイクロソフトがノキア買収に動いた経緯について考えてみた。恐らくアンドロイドが持つある問題が原因ではないかと予想。そして今回の件がマイクロソフトにとって「最後のチャンス」である理由についても解説。その他『タクシーのkm、車内画像比較して忘れ物発見 撮影システム開発』や『Amazonが本を買うと電子版を激安か無料で提供する「Kindle MatchBook」開始』などの気になるニュースや、世間をにぎわせた『スタジオジブリ「宮崎監督が引退へ」』などの話題も取り上げています!

【2.刑務所わず。】
刑務所について多くの人が気になっているであろう、「エロ本」事情。以前にも説明したと思うが、検閲はあるものの基本的にエロ本OKだ。ただ、ロリコンモノなど犯罪性を感じさせるものはもちろんアウト。が、検閲といっても、所詮は人出による作業。そこには抜け穴があって……。

【3.ビジネスモデル教えちゃいます塾】
ある方法で日本産ワインという超ニッチマーケットで見事黒字化している『はすみふぁーむ』。ここからヒントを得たビジネスモデルを取り上げてみた。はすみふぁーむの場合、コアなファンを着実に獲得しているらしく、この方法と農業の親和性はかなり高いと思われる。利用価値は十分高いはずだ。

【4.近況報告】
初音ミクのライブ『HATSUNE Appearance夏祭初音鑑』から近況報告スタート。そこに実物がいるかのようなリアル3D映像を創りだすライブには思わず圧巻。観客が着席のままだったこともあり、もっと躍動感を演出する方法を考えてみたり。「YouTuberにYouTubeでアクセスを伸ばすためのコツを聞く」という感じのトークライブでは、ゲストとして登場したヒューマンビートボックスで有名になったHIKAKINさんやメークアップ動画で有名になった佐々木さんらにアドバイスをもらう。動画も最初の数秒で全体が俯瞰できるものにするなど、私の知らなかったノウハウがいろいろとあったり……。その他、「堀江貴文ミリオンセラープロジェクト」の、どぶ板2.0営業の様子や映画『風立ちぬ』を観た感想、Google Glassのライバルとも目されるテレパシーのモックアップを試した体験にも言及。「OK Glass」とか「Take a picture」という言葉すら必要ないようにするのだとか。そして大好評のグルメ情報は写真付きでお届けしています!

【5.妄想レストラン】
私が400gも食べてしまったステーキのコース料理のお店。松阪牛と短角牛から選べ、キッチンが食事している場所からすぐそこに見えるのでエンターテイメント性も抜群!

【6.私のおススメデジタルガジェットコーナー】
撮影した写真を送ったりSNSなどにアップするためには、カメラからデータカードを抜き出し、PCに転送しなければならない。ところが、その手間を省いてくれるのが今回のデジガジェ。デジカメによっては本体にWi-Fi機能を備え、直接写真を転送できる機種もあるが、多くの使い勝手がイマイチ。しかし、コイツはSDカードスロットに入れ電源を入れると、撮影した(カードに保存されてる)写真がスマートフォンアプリにWi-Fi経由で飛ばせるというスグレモノ。

【7.ホリエモンの言葉(仮)】
私の書籍などに掲載されている言葉のなかから、印象的と言われているものをピックアップ。その言葉について解説していくコーナーです。

今週は……
『日本企業の最大のネックは正社員』
『週末起業はお勧めしない』
『失敗のイメージが失敗を引き寄せる』
の3つの言葉について解説しています。

【8.書評コーナー】
私が読んだ書籍や漫画、鑑賞した映画、購入したCDなどを紹介していくコーナーです。

【9.QAコーナー】
みなさんからお寄せいただいた質問にお答えするQAコーナー。
今週は前々月に送られてきたものを順次掲載していきます。

★質問の際は、必ず【QAルール】を守ってください。守られていないと判断した場合は、質問にお答えできません。予めご了承ください。

ちなみに今週は以下のような質問にお答えしていますよ!

《Q》お金を稼ぎ続けてきた中で、経済力があったからこそできた遊びや、高いステージにいけたからこそ出会えた人脈によって体験できた遊びがあると思います。
その中で特に印象に残ってる一番楽しかった遊びはなんですか?

《Q》自社レストランの健康食材や料理などを通販しようと思っております。
通販は、商品力が大事だと思いますが、通販案内してない現状で、お客様から、「料理を売ってほしい」、ネット問合せでは「通販行ってないですか?」と頻繁に連絡を頂戴しますので、需要が結構あるのかと思っています。
今回の質問は、どのように構築した通販を広げていくかです。
以前、「BASEで作り、ソーシャルで広げていくのが良い」と言ってましたが、具体的な方法としては、バズってもらえるような面白いまたは魅力的なネタを考え、twitter、FACEBOOK、youtubeなどでどんどん情報を流していく感じなのかと推測しますが、多くの人がこのようなことをやっていますが、成果出ている人があまりいないように思います。
その結果を分けている要素は、内容がつまらない、頻度が低い、アプローチ仕方が悪いなど位しか思いつきません。
何が大事なのでしょうか?

《Q》ホームページ制作を一人で行っている40代後半のおっさんです。
今までプログラミングの仕事は、知り合いのプログラマーに頼んでいました。
ただいろいろトラブルも多く、やはり自分でもプログラミングの最低限の知識は必要と考えています。
そこでこの年からプログラミングを覚えるべく勉強をスタートしようと考えています。
言語はphpとJavascriptです。堀江さんから見てどう思われますか?
・その年からプログラミングを勉強しても全く問題ない
・その年からだと厳しいので他のことに注力したほうがいい
いずれにせよ、堀江さんからの励ましの言葉もください!

【10.ロケット開発までの道のり】
私が携わっているロケット事業開発団体『夏のロケット団』の成り立ちを発足当初から追って書いています。原稿は、夏のロケット団の一員でSF作家の笹本祐一さんによるものです。もちろん、私も登場しますよ!

★過去に連載に登場した実験の様子を動画で公開しています★
SNS燃焼実験動画

『なつのロケット』
『宇宙へのパスポート』
なつのロケット団の活動記録

【11.プレゼントコーナー】
今週は、堀江も何度か試し、お墨付きを与えたスカイプ英会話サービスの
『SKYトーク』さんから

【「毎日25分、1か月コース」無料券】を5名さまにプレゼントさせていただきます。

スカイトークは、インターネットを通じて講師とのマンツーマンレッスンでより実践的な英語学習ができる場を提供しています。
様々なタイプの講師と毎日楽しく自由に話したい方、「話す」「聞く」「読む」「書く」という4技能全てを伸ばして、真の英語力を身に伝えたいと考えている方など、様々な目的に合った学習プランを備えています。
詳しいプランは こちら
フリートークに自信のない方でも講師が生徒のレベルに合わせ、ゆっくりと簡単な言葉で会話を進めていきますので、どなた様でも安心して自由に会話ができるでしょう。本格的英会話レッスンをご活用ください!

合言葉を書いてご応募ください!

【12.今週のメディアスケジュール】
連載や書籍の上梓、ネット生放送やテレビ出演、講演など、メディア関連の情報をまとめてお知らせします。ぜひご覧ください!

【13.読者さんからの感想】
読者さんからプレゼントコーナーに寄せられた感想のなかからいくつかを掲載し、スタッフのコメントを付けています!

【14.編集後記】
当メールマガジンの編集人、担当編集Sによる、堀江関連の情報をお届けします。堀江に関するちょっとしたこぼれ話やメルマガのこと、今後の活動などを掲載していく予定です。

【15.特別コンテンツ】
先日、公開された堀江のことが記載されている『エコノミスト』の取材記事。英文で公開されていましたが、今回はその和訳をメルマガにて公開いたします。

毎号、読者のみなさまからのメッセージを反映させ、コンテンツを充実させているこのメルマガ。もろもろ、「まぐまぐ」/「FC2」/「BLOGOS」/「ビジスパ」/「夜間飛行」で、毎週1回の発行しています。値段は月額840円(税込み)。バックナンバーの販売もあります。
今後も読者数が増えて続ければ、さらにコンテンツも充実させられますので是非加入してみてください。

堀江貴文メールマガジンの登録はこちら!