BLOG

1/7発行のメルマガ第155号は… byスタッフ

カテゴリー:
アメブロアーカイブ

1/7配信のメルマガ『堀江貴文のブログでは言えない話』掲載予定のコンテンツリストです。
※以下は、堀江の手紙をもとにスタッフが更新を行っています。byスタッフ※

★救済支援についてのお願い★
2011年3.11に発生した東北関東大震災の被災地復興、そして3.11でお世話になった諸外国の世界の人々への募金を募っています。
私も寄付をしました。ご協力よろしくお願いいたします。

◆『ファンドレイジング・サイト 東北地方太平洋沖地震の救済支援!』
http://justgiving.jp/c/1576
被災者の方々に向けた寄付募集をしています。
◆『ファンドレイジング・サイト タイ洪水支援! / 僕自身もタイで洪水支援!』
http://justgiving.jp/c/7486

【1.時事ネタオピニオン】
私が関心を持ったニュースをいくつかピックアップ、その時事ネタに対する私の思いを書いていくコーナーです。ブロガーさんたちが書いているネタも、時事モノであれば、私の意見を書いていきたいと思っています。
時事ネタには、『刑務所なう。』でお馴染みの漫画家、西アズナブルさんの風刺画がついています。

今週は特別編として、『2012年私的10大ニュース』と題し2012年のニュースを振り返ってみたいと思います。衆議院総選挙や竹島・尖閣諸島問題、日本家電メーカーの大苦戦などさまざまなニュースが世間を騒がせた1年。さて、第1位となるのは一体!?

【2.起業記(仮)】
企業買収を続ける我々の前に立ちふさがった相手は英通信最大手のC&W(ケーブルアンドワイヤレス)社であった。資金的にはかなり不利ではあるが、我々は身軽さとインターネットという新しい通信インフラに特化している強みがある。勝負当日はなかなか決着が決まらず数時間が経過した頃、C&Wチームのザワザワしてきた。どうやら、彼らの想定外の事態が発生した模様。我々にとって社運をかけた一世一代の勝負、果たして巨像を倒すことができるのか!?

【3.ビジネスモデル教えちゃいます塾】
忙しい現代人にとって新聞の情報量は多いと思う。このビジネスモデルが実現すれば、自分のペースで読むことができ、スマホで配信するとそれなりの購読者数を得られ、ビジネスとして十分成立する思うが。

【4.近況報告】
今週は、いわゆる仮釈放準備面接があった。たぶん、1時間近く喋っていた気がする。事件のこと、釈放後の仕事など、むしろ社会に出てからのことについてよく聞かれた気が。というわけで、次の面接(委員面接)まで無事故で頑張ろう。
そういえば、2013年度の工場用カレンダーが届いた。経費削減の為かカラーの印刷の部数が少ない。2013年の冬休みは10連休! って、その頃には俺、ここにいないけどね。舎房のカレンダーも張り替えられ、これが収監生活最後のカレンダーになるといいな……。

【5.妄想レストラン】
京都にある焼肉屋。京都といえば先ずは「京料理」を思い出すだろうが、実は焼肉系の銘店が多いのである。定番の炭火焼ではなく至って普通っぽい店なのだが味は抜群。でも、値段は庶民的である。実は京都駅地下にも弁当を出店していて、これがすぐに売り切れてしまう超人気弁当であったりもする。京都旅行の際にはぜひ!

【6.私のおススメデジタルガジェットコーナー】
ゲームに比べ、家電などにはまだまだジャスチャー操作は浸透していない。Kinectで様々なことができるようになれば……と思っていたところ、ある機器を発見! ジェスチャーでPCを操作できる、映画の中で観ていた「あればいいな」の近未来的な技術だ。しかも値段も破格の安さ。もっとブラッシュアップすれば、リモコンや家電にも応用できる!

【7.ホリエモンの言葉(仮)】★NEW!★
私の書籍などに掲載されている言葉のなかから、印象的と言われているものをピックアップ。その言葉について解説していくコーナーです。

今週は……

『満足したら思考停止が始まる』
『死んだ後を憂うより今を充実させよう』
『思考停止した瞬間、オヤジ化する』

の3つの言葉について解説しています。

【8.書評コーナー】
刑務所のなかでは膨大な書籍を読むと公言したこともあり、既に何冊もの書籍をなかで読んでいるわけですが、そのなかでも面白いと感じた書籍を書評しています。もしかしたら読む書籍や漫画に偏りがあるかもしれませんが、それで私の思考を理解してもらえればと思います。DVDというか、刑務所のなかで観た映画評も加えています。

ということで、今週は6つのコンテンツについて書いています。

【8.QAコーナー】
みなさんからの疑問や質問などにお答えする、このコーナー。諸般の事情から質問&回答の量を減らし、タイムラグが発生するものの復活です!
「今まで通り」とはいかないかもしれないので、質問のルールなどを変えてできる限り継続をしていきます。

★質問の際は、必ず【QAルール】を守ってください。守られていないと判断した場合は、質問にお答えできません。予めご了承ください。

ちなみに今週は以下のような質問にお答えしていますよ!

《Q》社会人としてホウレンソウは常識と言われますが、必要以上に細かい報告を求められる事に辟易しています。何かあってからでは遅い、という上司の理屈も分からないではないですが、報告の為の報告が多く、無駄な報告書作成の時間が無駄に思えてなりません。堀江さんはライブドア時代、部下にどんな報告を求めていたでしょうか? また、ホウレンソウについてどのように指導されていましたか?

《Q》web系企業で運用担当をしている36才です。堀江さんのメルマガを読んで刺激を受け、私ももっと面白い仕事がしたいと思い、土日を利用してRuby on RailsやJavaを勉強しています。最終的にはグリーの田中さんのように多くの人が使
ってくれ、収入を得られるwebサービスを作りたいと考えております。
今は勉強の次の段階として一般に公開できるスマホ向けのwebサービスをつくってみたいと考えてるのですが、なかなかどんなものをつくればいいか思いつきません。
こういう観点で考えれば良いというようなアドバイスをいただけませんでしょうか?

《Q》現在は外食事業で勤務、今後起業を考えています。
労働集約の仕事に限界が来る事を見越して起業を考えている為、店舗開業ではなくストック型で検討、「飲食店を対象とした集客システムの完全代行」という案を考えました。
メール配信による集客の施策の提案から配信、登録数確保の提案とツール制作などを完全にこちらで行い、経営者はいつもどおりの店舗業務のみに集中できるというものです。
配信システムもASPを用いて、料金に手数料分上乗せした金額を月額(月1.5万円程)でいただく形です。
飲食店の方はITに疎い方が多く、販促による損益の仕組みも理解出来ていない方が多いので、月1.5万の出費でどの位のリターンがあれば収益が発生するのか説明、それを全く自分の手を煩わせずに出来るという事に需要があると思われますか?
またこのようなサービスであれば堀江さんはどんな方法でスタートアップの段階で集客をされますか?

【9.ロケット開発までの道のり】
私が携わっているロケット事業開発団体『夏のロケット団』の成り立ちを発足当初から追って書いています。目指すは民間による宇宙旅行!
ちなみにこちらの原稿は、夏のロケット団の一員でSF作家の笹本祐一さんによるものです。当然のことながら、私も登場してきますよ。

★過去に連載に登場した実験の様子を動画で公開しています★
SNS燃焼実験動画

『なつのロケット』
『宇宙へのパスポート』
なつのロケット団の活動記録

【10.プレゼントコーナー】
今週は「第二次惑星開発委員会」さんからご献本いただきました

書籍
『PLANETS vol.8』

を2名様にプレゼントさせていただきます。
評論家・宇野常寛さんが主宰する総合誌〈PLANETS〉のリニューアル号。その作家陣には宇野常寛、濱野智史、安藤美冬、猪子寿之、荻上チキ、萱野稔人(敬称略)などなど、各界で勢いを増す若手の方々をラインナップ。
Amazonで在庫切れを起こすほどの品薄書籍。この機会に、是非ご応募いただければと思います。

合言葉を書いてご応募ください!

【11.「前略 ホリエモン様…」】
今週からは、11月に面会に来てくださいました、ドワンゴ会長でジブリ見習いの川上量生さんからの寄稿を掲載いたします。堀江との初めての出逢いは、ドワンゴ社が運営するあのサービス。その時、堀江は……。

【12.今週のメディアスケジュール】
私はシャバにはいませんが、今まで通り連載や書籍の上梓を続ける予定です。ニコニコ動画の番組とかも続けるかも? ということで、引き続きメディア関連の情報をまとめてお知らせします。ぜひご覧ください!

【13.読者さんからの感想】
読者さんからプレゼントコーナーに寄せられた感想のなかからいくつかを掲載し、スタッフのコメントを付けています!

【14.編集後記】
当メールマガジンの編集者による、往復書簡や面会で得た堀江の情報や、堀江が関わっている事業関連の情報をお届けします。

毎号、読者のみなさまからのメッセージを反映させ、コンテンツを充実させているこのメルマガ。もろもろ、「まぐまぐ」/「FC2」/「ライブドア」/「ビジスパ」/「夜間飛行」で、毎週1回の発行しています。値段は月額840円(税込み)。バックナンバーの販売もあります。
今後も読者数が増えて続ければ、さらにコンテンツも充実させられますので是非加入してみてください。

堀江貴文メールマガジンの登録はこちら!