BLOG

1/14発行のメルマガ第156号は… byスタッフ

カテゴリー:
アメブロアーカイブ

1/14配信のメルマガ『堀江貴文のブログでは言えない話』掲載予定のコンテンツリストです。
※以下は、堀江の手紙をもとにスタッフが更新を行っています。byスタッフ※

★救済支援についてのお願い★
2011年3.11に発生した東北関東大震災の被災地復興、そして3.11でお世話になった諸外国の世界の人々への募金を募っています。
私も寄付をしました。ご協力よろしくお願いいたします。

◆『ファンドレイジング・サイト 東北地方太平洋沖地震の救済支援!』
http://justgiving.jp/c/1576
被災者の方々に向けた寄付募集をしています。
◆『ファンドレイジング・サイト タイ洪水支援! / 僕自身もタイで洪水支援!』
http://justgiving.jp/c/7486

【1.時事ネタオピニオン】
私が関心を持ったニュースをいくつかピックアップ、その時事ネタに対する私の思いを書いていくコーナーです。ブロガーさんたちが書いているネタも、時事モノであれば、私の意見を書いていきたいと思っています。
時事ネタには、『刑務所なう。』でお馴染みの漫画家、西アズナブルさんの風刺画がついています。

私的には、やはり『中国16機目の北斗測位衛星運用開始でアジア太平洋地域のGPS網完成』のニュースが気になるところ。もう、そんな数を打ち上げ済みだったのか、という印象を受ける。一方の日本なんて、なかなか予算がつかないという現状だからね……。そんな日本の『第2次安倍内閣始動』のニュースを見ていると宇宙担当は山本一太氏らしい。昔、ラジオ番組に呼ばれたなぁ。と、こんな感じで今週は、安倍内閣から『ツイッターの1秒当たりの書き込み(TPS)が日本時間の元旦に3万3388件と過去最高に』のニュースまで7つの時事ネタについて解説をしています。

【2.起業記(仮)】
一世一代の勝負をかけたPSI社の買収劇。PSI社に期待される収益は明らかに我々の方が大きかったので、私は勝利を確信。しかし私の覚悟とは裏腹に事態が進むことに……。一転して窮地に立たされた我々はもう余力はない。その時、社長権限でなんとかあと1億円の積み増しがやっとだった。

【3.ビジネスモデル教えちゃいます塾】
クレジットカード決済はいちいち入力するのが不便という点がある。これこそキャリア決済とか既に情報を入力済みの手段に流れてしまう原因でもある。てことで思いついたビジネスモデル。これでクレカのネット決済アレルギーもなくなると思うのは私だけ?

【4.近況報告】
相変わらず私の天敵である『ためしてガッテン』が放送される刑務所だが、年末で入浴日が1日増えたり仮釈放に向けて1万を超える数の署名をいただいたりで嬉しいことも多い。特別入浴は、介助係だったこともあり、個室で朝の雪見風呂を堪能。文字通り贅沢である。そして今週は航空無線通信士試験問題をやってみた。英語、法規、無線工学の3科目。テキストにない問題とかもあって苦戦。もう少し勉強せんとコンスタントに合格点を取るまでには達しないな……。

【5.妄想レストラン】
いかにも居酒屋のマスター風の主人は実は元リクルート社の敏腕営業マンの「汚い」店。しかしメニューは絶品。時々メニューに掲載されるカニクリームコロッケは前日売れ残った毛蟹の身を惜しみなく使った逸品である。焼酎のお湯割りを頼むと鉄板を入れてアツアツに温めてくれたりと気が利いているのもよい。

【6.私のおススメデジタルガジェットコーナー】
DVDを視聴する際のコードの煩わしさから開放してくれる今回のデジガジェ。視聴の方法は、昨今流行りの専用のアプリをインストールするという、ハードをアプリの組み合わせ。面白いのはPCがなくても、スマホやタブレットでもOKということ! 今回のようなアイデアやKinectなどのジェスチャー操作によりリモコンや有線という概念をなくしてほしいと思うな……。

【7.ホリエモンの言葉(仮)】★NEW!★
私の書籍などに掲載されている言葉のなかから、印象的と言われているものをピックアップ。その言葉について解説していくコーナーです。

今週は……

『能力の高い者は仕事を仕事だと思っていない』
『自己投資も「言いなりパターン」だと成果は出にくい』
『「安心」を得るだけの資格よりも、合コンのほうがよっぽどよい投資になる』

の3つの言葉について解説しています。

【8.書評コーナー】
刑務所のなかでは膨大な書籍を読むと公言したこともあり、既に何冊もの書籍をなかで読んでいるわけですが、そのなかでも面白いと感じた書籍を書評しています。もしかしたら読む書籍や漫画に偏りがあるかもしれませんが、それで私の思考を理解してもらえればと思います。DVDというか、刑務所のなかで観た映画評も加えています。

ということで、今週は12コのコンテンツについて書いています。

【8.QAコーナー】
みなさんからの疑問や質問などにお答えする、このコーナー。諸般の事情から質問&回答の量を減らし、タイムラグが発生するものの復活です!
「今まで通り」とはいかないかもしれないので、質問のルールなどを変えてできる限り継続をしていきます。

★質問の際は、必ず【QAルール】を守ってください。守られていないと判断した場合は、質問にお答えできません。予めご了承ください。

ちなみに今週は以下のような質問にお答えしていますよ!

《Q》プログラミングの勉強を始めて私一人でwebアプリを作成中です。デザインはとりあえずそっちのけで、まずは裏ではどんなロジックで動いているのか勉強しながら機能面中心に作っています。周りに職業がプログラマーの人がいなく、実現したい機能をネットや本で調べながら孤独にコーディングしています。ユーザーが利用するのに最低限必要な機能部分は出来てきたのですが、セキュリティも最低限。リリースはまだ先になりそうです。他のSNSなどのソースコードを見ると果てしないコード量にビックリしてしまいます。プログラム初心者一人が作ったサイトと(例えば)Facebookなどと比べるのはアホかもしれませんが……そういったコードを見ると何が書いてあるかも理解する事すら難しかったりもします。質問ですが、サイトを磨き上げたり、初心者の域を出るにはどういった勉強が必要でしょうか? 友達に使ってもらった感想を聞くなどでしょうか?

《Q》小さい娘がいるのですが、彼女が望むならば、将来歌手や女優に挑戦してもいいなと思っています。堀江さんの周りにはそれらの道で成功した方がいると思いますが、歌手として、もしくは女優として成功した人たちは例えば特別な学校に行っている人が多い、劇団に入っているなど、何か多く見られる共通点はありますか? それともやはり個人の、努力する、負けず嫌いなどの資質が多くを占めるのでしょうか。それともコネだったりするのですか。親として側面から支援する参考にしたいと思ってメールしました。

《Q》会議中のケータイ・スマホの使用について堀江さんの考えを聞かせて下さい。ガラケーはともかく会議中でもスマホで情報検索、スケジュール確認、会議メモなど常識の範囲と思っていましたが、「会議中にケータイなんかいじりやがって」と思う方もいるという事を今更ながら思い知らされました。堀江さんは、朝生出演中にもiPhone活用してたと記憶してますが、上の考え方を持ったクライアントとの打合せの時等どうしてましたか?

【9.ロケット開発までの道のり】
私が携わっているロケット事業開発団体『夏のロケット団』の成り立ちを発足当初から追って書いています。目指すは民間による宇宙旅行!
ちなみにこちらの原稿は、夏のロケット団の一員でSF作家の笹本祐一さんによるものです。当然のことながら、私も登場してきますよ。

★過去に連載に登場した実験の様子を動画で公開しています★
SNS燃焼実験動画

『なつのロケット』
『宇宙へのパスポート』
なつのロケット団の活動記録

【10.プレゼントコーナー】
今週は、以前面会に来ていただいた西原理恵子さんの最新刊

書籍
『西原理恵子の人生画力対決5』

を2名様にプレゼントさせていただきます。
小学館発行の成年コミック誌『ビッグコミックスペリオール』に掲載されている、西原さんの漫画の総集編、5巻め。こちら、なんと西原さんが面会に来てくださった際の様子が描かれているののだとか。是非、読んでいただければと思います。

合言葉を書いてご応募ください!

【11.「前略 ホリエモン様…」】
先週に引き続き、11月に面会に来てくださいました、ドワンゴ会長にして、スタジオジブリでは現在見習いをしているという、川上量生さんからの寄稿を掲載させていただきます。堀江と川上さんの間には実現しなかったある幻の企画があるとか……。

【12.今週のメディアスケジュール】
私はシャバにはいませんが、今まで通り連載や書籍の上梓を続ける予定です。ニコニコ動画の番組とかも続けるかも? ということで、引き続きメディア関連の情報をまとめてお知らせします。ぜひご覧ください!

【13.読者さんからの感想】
読者さんからプレゼントコーナーに寄せられた感想のなかからいくつかを掲載し、スタッフのコメントを付けています!

【14.編集後記】
当メールマガジンの編集者による、往復書簡や面会で得た堀江の情報や、堀江が関わっている事業関連の情報をお届けします。

毎号、読者のみなさまからのメッセージを反映させ、コンテンツを充実させているこのメルマガ。もろもろ、「まぐまぐ」/「FC2」/「ライブドア」/「ビジスパ」/「夜間飛行」で、毎週1回の発行しています。値段は月額840円(税込み)。バックナンバーの販売もあります。
今後も読者数が増えて続ければ、さらにコンテンツも充実させられますので是非加入してみてください。

堀江貴文メールマガジンの登録はこちら!