BLOG

テレビの近未来こうなればよいな像。ながらTVなど。

カテゴリー:
アメブロアーカイブ

前にもgoogle tvとかapple tvの進化系について議論したことがあったけど、microsoftのkinectがオープン化されデベロッパーに技術情報が開示されるとのこと。どんどんハックして使い易いリモコンジェスチャーシステムを作ってほしい。ジェスッチャー操作でリモコンが無くなれば、地上波のチャネル数に縛られていたリモコンシステムが崩壊する。これこそが、テレビマスコミを寡占させていた元凶だからだ。

検索技術により近年劇的に進化した音声認識技術により検索は音声によるものになるだろう。好きなタレントが出ている番組や番組名をしゃべるだけで簡単に検索できるようになる。そしてその検索は地上波だけでなく、CS放送やインターネット放送も横断的に検索する。人気順でソートされる。例えばサッカーの日本代表選などは地上波のリアルタイム中継を見ながらニコニコ動画でみんなで応援するなんてことが簡単にできるようになるだろう。テレビ局お仕着せの地デジデータ放送なんて糞システムは使わないで済む。

で、最近激安になってきているテラバイト級ハードディスクはいくらでも増設できるようなスロットを付けとく。付ければ付けるほど地上波放送は長い間全局分録画できるようにすりゃいい。拡張型のSPIDERみたいなもんだ。古い番組は注目度が高いものだけ長い事残しておけばいい。

こんなテレビの有るべき像だが、これを普及させる為にはまだまだ不十分だ。まず、キラーコンテンツが必要になる。かつて東京オリンピックがそうであったように、新しいテレビを普及させる為にはこのプラットフォームでしか見られないキラーが必要になってくる。そして通信キャリアがそれを主導すべきと考える。当然ながら3G契約は標準で、WiFiやLTE,WiMaxなど高速通信の契約が一緒にほしい。あるいはひかりTVでもよい。キャリアが主導してサッカーワールドカップのような国民的イベントの契約を独占で取るべきだ。

で、もっと大事な事をわすれていた。今やテレビは「ながら視聴」が当たり前。視聴者はみたいコンテンツがあるというよりはただ流している場合も多い。だったら、地上波だけでなくネットやCSも含めた視聴率のようなものをリアルタイムで割り出し適当にいいところを自動ザッピングしてみせてくれる、究極のながらTVはどうだろうか?

てなことも含めて来月のロフトプラスワントークライブはしゃべろうかと思います。

ホリエモン・トークライブSESSION 19

「インターネットはまだまだ可能性を秘めている」

【出演】堀江貴文

【Guest】佐々木俊尚(ITジャーナリスト)

日時:3月23日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
前売¥2000 / 当日¥2500(共に飲食別)
※前売券は2/24よりローソンチケットにて発売!!【lコード:37347】

(会場・お問い合わせ)新宿ロフトプラスワン
新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/