BLOG

iPhoneアプリの審査を通しやすくするにはどーしたらいいのか?

カテゴリー:
システム・ネット関連

1960344_727651393935702_547173727_s
美味しいお店が必ず見つかるアプリ「テリヤキ」

つい最近、やっとTERIYAKIの新しいバージョンのアプリをリリースできた。そもそもTitanium mobileというjavascriptで書けるAndroidとハイブリッドのアプリが作れるという開発環境で作ったのがそもそもの間違いだったのだが、、というのはやっぱりヌルヌル動くアプリを作りたければ、その部分はTitaniumでは限界があって、Objective Cというネイティブ言語でその部分は書き直すしかなかったりするのである。またiOSのライブラリをそのまま使って作ってもユーザビリティがイマイチだったりする部分は、一から書くしか無いのである。

というわけで、iOS版はロケットの開発をボランティアで手伝ってもらっているMさんが実は本職凄腕のiOSアプリのエンジニアだったということを最近知って彼に全面的に開発をお任せして作ってもらった。アプリ自体はもう1ヶ月以上前に出来ていたのだけど、つい10日ほど前にアップルの審査に通らなかった。何故かといえばiOSの新しいバージョンの課金周りの処理が不十分であったという理由である。そんなんで1ヶ月もロスするんだから堪らないよね。なので、結構しつこく状況を聞いてみるしか無い。

picks-img-common-02
News Picks

私がアドバイザーやっているNews Picksも同様だ。月額定額課金を通すのに相当苦労したらしい。これだけで2ヶ月は遅れたはずだ。ちなみにテリヤキは月額課金はリジェクトされている。まあ地道にやっていく予定なのだが。。。
トークライブアプリ「7gogo」は不適切な発言や年齢制限などの利用者保護の観点から色々と指導を受けているのでなかなかやはり通らない。書き込み、トーク系のアプリはその辺が肝になってくるだろう。

iOSアプリ開発達人のレシピ100―開発現場で実証された実用コード集
堤 修一
秀和システム
売り上げランキング: 201,567