BLOG

都内不動産がもういい感じにバブってるらしい。

カテゴリー:
政治・経済

さて不動産投資とは全く縁が無かった私が知人の不動産仲介業経営者に頼まれてセミナーをやることになりました。実は比較的に少額で購入できる都心の中古マンションは希少価値があり値崩れもしにくいし多額の資金を投資するプロの投資家も手間がかかるので手を出しづらい、まあ一般人でもいい物件さえ手に入れれば利益を出せないことはないという唯一のカテゴリではないかと思うんです。なので、

不動産セミナー初登場!!『堀江 貴文 氏の特別セミナー』

ってのをやることになりました。コレに先立って、なんか一千万円しないくらいの中古マンションを買わされました(苦笑)。それがもう二割も値上がりしてるらしい(笑)。まあ5年以内に売却すると40%も税金がかかるらしいので取らぬ狸の皮算用なわけですが。。。まあ、オリンピックまでが勝負らしいんですけど。どーなるかは分かりませんが、しっかり家賃だけは毎月入ってきてます。なんか、ネットで中古の投資用マンションを売る事業のコンサルをやることになったんですよねぇ。。。

その過程で初めて、東京都にはワンルームマンション規制なるものがあることを知りました。23区のうち22区にワンルームマンション規制があるらしく、たとえば渋谷区は28平米以下の部屋は作れないとか、豊島区はマンション建設時にワンルーム一つにつき50万円の税金がかかるんだとか。。。中央区はそれが100万円になるんだとか。。。

ワンルームマンションが出来ると低所得者層が棲みついて治安が悪くなるというのが自治体の主張らしいんですけど、それもどーかなーと思いますが、とにかく既存のワンルームマンションはそういう意味で希少価値があるんだそうです。今話題のシェアハウスは規制が入りつつある、というか元々グレーゾーンを攻めているんだそう。その辺の動向もありますけど、まあ一番のメリットは金額が小さすぎて手間の割には儲からないのでバリバリのプロが攻めてこないというのが素人投資家向けには向いているかなと。つまり小遣い稼ぎ的な投資向けなのであります。

ウェブサイトも絶賛準備中なのでできたらまたご案内します。

究極の中古マンション投資の教科書
安澤 誠一郎
住宅新報社
売り上げランキング: 6,736