BLOG

日経新聞はNewsPicksに記事を提供してほしい。みたい!

カテゴリー:
システム・ネット関連, 政治・経済

images (2)

NewsPicksは、SPEEDAというブルームバーグみたいな端末をウェブなどから簡単に分かりやすいインターフェースで使えるサービスを運営しているUZABASEという会社が作った経済ニュースキュレーションアプリだ。ダウンロード数は他のニュースキュレーションアプリより桁一つ少ないけど、ユーザのアクティブ率がハンパない。私もピッカーとして参加しているが、私以外にも竹中平蔵さんや夏野剛さん、佐々木俊尚さんのような著名人から、あまりメジャーではないけど、良い意見を言う金融・経済業界人の人などが的確なコメントをニュースにつけてくれていて、しかも結構意見が分かれていたり、私も想像もつかなかった視点からコメントしている人もいて非常に役立つメディアとなっている。

最近有料記事配信サービスを何と1500円/月という挑戦的な価格で始めたが、有料でないと読めない経済業界誌などの情報が1500円で読み放題だ。実は私も面白い対談企画を組んでやるつもり、というか取材が進行中なので乞うご期待なのだが(独自の記事をどんどん増やしていく方針らしい)、私が不満なことが唯一ある。日経新聞の記事が読めないことだ。

はっきり言って、今の日経新聞のスマホ対応の状況など最悪である。いちいちログインを要求されたり、記事に対する識者のコメントも手軽に見られない。正直言ってSPEEDAがブルームバーグやロイター、日経QUICKなどに比べてはるかに使いやすいのと同様に日経新聞のウェブ(特にスマホの)UIはひどい。NewsPickのUIで見られて、識者のコメントも読めたら最高なのになー、と常々思っている。

が、おそらくUZABASEが将来脅威になると思って記事提供を渋っている、あるいは提供しない方針なのではないかと邪知している。そんな狭量な事でどうするのだろう?私が日経新聞の経営者だったら、UZABASEにガッツリ出資して(あるいは買収する勢いで)、記事を提供するだろう。UZABASEの企業価値は間違いなくブルームバーグを超えると思う。キャピタルゲインでも十分元がとれるし、配当もかなり入ってくる優良会社になるはずだ。

日経新聞経営者の英断を望みたい。申し訳ないが、今の日経新聞電子版を購読するつもりにはなれない。
以上。

日経新聞の数字がわかる本
小宮 一慶
日経BP社
売り上げランキング: 3,173