ニュースキュレーション

海の権益をめぐる国の巨大事業で、5人が死亡、2人が行方不明となった。30日午前7時半ごろ、日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)の港湾整備事業で、設置作業中の桟橋がひっくり返り、作業員16人が投げ出された。助かった9人中、4人も軽傷。海底資源と、独占的に漁業や資源開発ができる排他的経済水域(EEZ)の維持をめざし、中国も意識した「国策工事」での事故だった。 ...

これ、ひどいじこだよねぇ。