ニュースキュレーション

オンラインショッピングの利用がどんどん増加する昨今。 スマホから手軽に注文できることや、配達の効率化も相まって、Amazonや楽天などのECは既に生活の一部になりつつある。 しかし、いくら配達が早くなっても残る大きな問題がある。 「不在受け取り」 だ。 「注文した商品、翌日には届いているのに、不在のため受け取れるのは結局週末...」 「仕事で帰りはいつも深夜。荷物が受け取れないのでオンラインショッピングができない...」 こんな思いをしたことがある方は多いのではないだろうか? 日本のように細かな時間指定配達が機能していないUSでは、さらに深刻な問題だ。 これを解決すべく生まれたサービスが。500Startupsの8期生として、現在プログラムの最中だ。 "The End of Missed Deliveries"というタグラインの通り、Doormanは「不在で荷物が受け取れない」悲劇をこの世からなくす。その仕組みはこうだ。 まずオンラインショッピングをする際、品物の届け先住所を自分の家ではなくDoormanが提供する住所に設定する。 次に商品が最寄りのDoormanの住所に届くので、午後6時から深夜0時までの間の好きな時間(1時間刻みで指定可能)に配達を依頼する。 すると配達人が時間通りに家まで荷物を持ってきてくれる。 こうして仕事で帰りが遅いビジネスマンでも、深夜に受け取ることができるというソリューションだ。 早速使ってみた メールアドレス・パスワードを入力してサインアップすると、初めてのユーザー向けに説明が。 いま特にAmazonで買うものもないかなぁ・・と思っていると、 荷物の一覧に「Welcome Gift」が用意されている! これはただのチュートリアルか?それとも本当にギフトが届くのか? 「Schedule Delivery」との指示にしたがって、次の画面へ。 次に名前と入力。アドレスはサインアップ時に入力したものが入っている。 この時点で深夜の3:42なのだが、最速は当日の6PMからとなっていた。 確実に家にいそうな9PM-10PMを選択してみる。 「Reschedule Delivery」で届ける日時を変更できるようだ。 感動のウェルカムギフト! 当日の12PM、登録した電話番号に「今日届けるからね」と確認のSMSが届いた。 「Your Doorman delivery is on the way and will arrive shortly」とのSMSが! ドアを開けると、胸にDoormanのシールを貼った配達人が、ワインの瓶を持って立っている!? 「It's for you!」と言われ、高級ホテルに泊まっているかのような気持ちになった。 無料なのにここまでしてくれるとは...かなりのサプライズに感動! 配達はクラウドソーシング 500StartupsがメンタリングしたGrowth Hack事例 日本でのニーズは大きい?

これはいけるかもね!