ニュースキュレーション

国土交通省は、消費税率の引き上げに伴うタクシー運賃の値上げについて、「下限」の規制を下回る運賃を適用して営業を続けている27の事業者に値上げを迫る勧告書を、2014年4月22日に手渡した。規制強化に多くの事業者は反発。下限を下回る「違法状態」の運賃で営業を続けると公言する事業者もある。 続きは「J-CASTニュース」へ

規制が強い業界はどんどん劣化する