ニュースキュレーション

今週の言論アリーナでも話したように、日本では「原子力=軽水炉=福島」と短絡して、今度の事故で原子力はすべてだめになったと思われているが、技術的には軽水炉は本命ではなかった。1950年代から本書のテーマとするトリウム溶融塩炉が開発され、1965年には発電を行なった。理論的には溶融塩炉のほうが有利だったが、軽水炉に勝てなかった。それは軽水炉には、原子力潜水艦という「キラー・アプリ」があったからだ...

まあ。この状況では新規開発は難しいだろね。