ニュースキュレーション

ネット起業家の家入一真氏が設立宣言した政治団体「インターネッ党」の運動が停止した。中野区長選を皮切りに、2020年までに東京23区の全ての区長選挙に候補者を擁立することを宣言していたが、結局、候補者を擁立せず、6月9日の開票では、現職の田中大輔氏が当選した。 今回の中野区長選をめぐって、インターネット党の公式Twitterもメールマガジンも1カ月以上も更新されておらず、家入氏のTwitter...

結局、彼の起こした動きにのっていく人がいないだけの話。もっとみんな行動しようぜ!