ニュースキュレーション

人類のロマンですね! SpaceX社CEO、 イーロン・マスク氏は、2026年までに自社の宇宙船で人類を 火星 に連れて行くことができるだろうと言っています。マスク氏は、PayPal社の前身であるX.com社の創設者でもあり、これまでにさまざまな事業に着手してきた人物です。そのマスク氏がこのような発言をするということは、人類の火星進出はただの夢物語ではないということでしょう。 SpaceX社は現在、打ち上げロケットである ファルコンヘヴィーを開発中です。火星での任務に必要な貨物を積める程の積載能力を持っており、来年には完成する予定です。同社はまた、火星に着陸することを想定した宇宙船 ドラゴンV2 の開発にも取り組んでおり、有人飛行の実現を目指しています。 1969年に人類初の月面着陸が実現しましたが、それから45年。今度は火星着陸が実現するかもしれないとは...。火星ってどんなところなんでしょうか? 2026年が待ち遠しいです! Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[ 原文] (谷垣友喜) 未来を変える天才経営者 イーロン・マスクの野望 竹内一正|朝日新聞出版 シリコンバレー流 世界最先端の働き方 (中経出版) 伊佐山 元|KADOKAWA / 中経出版

ワクワクする!