ニュースキュレーション

フィンランド航空は26日までに、首都ヘルシンキの空港に今年後半に開設する新たな乗客ラウンジに「サウナ」を付設させると発表した。「混浴」だが、利用客には一汗流すのにタオル使用を勧める。 このラウンジの利用は、同航空の上級カードを保持する乗客に限定される。広さは約407平方メートルで、フィンランド特...

凄い文化だなあ。