ニュースキュレーション

政府は、集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈変更を閣議決定した。これにより、「専守防衛」をうたってきた戦後日本の安全保障政策は大きな転換点を迎えた。 今回の決定について最も多く出ている批判は、「国民不在で一内閣が勝手に解釈変更するのは良くない」というもの。議論を十分に重ねた上で、投票によって信を問うべきという意見だ。実際、各種世論調査の結果を観ると集団的自衛権について一番多いのは「賛成...

一度でも選挙ボランティアやってみるといいよ