ニュースキュレーション

マレーシア航空機がウクライナ東部の ドネツク近郊で墜落 したことを受け、世界各国の国際線が、ウクライナ上空を通過しないように回避して運航している。 航空関連のニュースサイト PlaneTalking のTwitterアカウントが、下のようなグラフィックを紹介した。航空機が一斉にルート変更を行っていることが見て取れる。 A quick look on @flightradar24 and you can see the move away from Ukraine airspace pic.twitter.com/lS3OI5O8Ug - PlaneTalking (@Plane_Talking) July 17, 2014 Flightrader24を見れば、ウクライナの領空域を回避していることが一目でわかる。 このグラフィックは、 Flight Rader 24 から提供されたもので、同一時間に飛行中の航空機全てを見ることができる。 デルタ航空や トルコ航空 といった主要航空会社は、ウクライナ上空を迂回する意向を示している。 また、日本の日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は、元々の路線がウクライナを経由していないため、 運航に影響はないとしている 。 【関連記事】 ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています。 ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています。@HuffPostJapan をフォロー

ウクライナにはどうやって飛べばいいの?