ニュースキュレーション

以前の記事でスクープさせていただいた、あのLINEが中国で規制(アクセス遮断)を受け、 VPNを使わないと繋がらなくなった事件。 まだ上海では LINEのラッピング広告を施された車両が走っていたり、 Androidでの最新アプリでは使える( 当ブログ記事参照 )など、少々復活の兆しが見えていたのだが。。 ここに来て完全遮断の日がやってきた。 昨晩(2014/7/19)の中国時間夜9:30頃から、 今度はVPNを使っても接続できなくなってしまったのだ。 ■iOS(iPhone5s、iOS7.1.2)でVPNを使っていてもメッセージ送信に失敗した証拠1 ■iOS(iPhone5s、iOS7.1.2)でVPNを使っていてもメッセージ送信に失敗した証拠2 恐らくプロトコルそのものか、ポートを塞がれた可能性があるが、 技術的な詳細は不明だ(詳しい方教えてください)。 これでLINEは完全に中国のネット規制対象の中でも上位に入ったことを意味するような気がする。 なお、原因もよくわからないが、 最近LINE詐欺で中国人が日本でコンビニでWebMoneyを買わせるという手段が流行り、 その詐欺に対して「魚釣島是日本的(尖閣諸島は日本のものだ)」とか「天安門事件」と返すといきなり詐欺犯が中国語でファビョりだすという 面白い切り返し方が流行ったことも、 少し影響しているのかなーと。。笑 いずれにせよ、LINEの規制は一朝一夕では解除されそうもない。 LINE、終わったな。。という感じだ。 私自身は全くLINEを使っていないので何の影響もないが。。 もしお使いの方はLINEではない、別のAppを使ってオンラインチャットや無料通話をすることをオススメする。 LINEの代替となる、 現在VPNを使わなくても使えるメッセージングサービスは以下の通り。 (別に必ずしもLINEを使わなくたって連絡を取れるよ、ということで) ■中国国内系(必ず検閲されているのが前提なので敏感な言葉やプライバシーには要注意) ・WeChat(微信):中国国内、しかもネット最大手のうちの1つTencent(腾讯)のサービスなので今後も基本的に遮断されない ・QQ:上記と同様 ・来往:同じく大手Alibabaのサービス ■海外系(中国の検閲は是が非でも避けたいという方に。でもより有効な検閲回避にはVPNを使って接続することをオススメしたい) ・Whatsapp:欧米や香港では使用率が高いメッセンジャーアプリ。 ・Skype ・Comm ・Viber ・Facetime(iOS、OS Xのみ) VPNを使えば使えるメッセージングサービスは以下の通り。 ・Facebook Messanger ・KaKao Talk(LINEと同時に規制された韓国のサービス) もちろん上記のサービスが規制されないとは言い切れないが。。 最新の情報が入り次第またお伝えしたい。 記事は以上。 ---------- 小龍茶館オススメ製品 ---------- ■私も使ってます!iPhoneが3G 2枚同時待ち受け可能に!【3G対応Wi-Fiアダプタ スマートデュアル Smart Dual】。 脱獄必要なし、SIMフリー、3G対応のSIM+Wi-Fiアダプタ。あなたのiPhoneが2枚同時待ち受け可能に!iPod TouchやiPadが電話になる!当ブログでの紹介記事はこちら、購入はこちらまで。 ■【軽くて使える大容量モバイルバッテリー!cheero Energy Plus】 モバイラーにとっては外出時には必須のモバイルバッテリー。 実績のCheero製で、今回はリチウムポリマー電池採用。 大容量12,000mAhなのに、10,400mAhのcheero power plus2よりも30%薄く、重量も5%軽減。 iPhone5s/iPhone5/iPhone4S/iPhone4を3〜4回充電可能。 2.1Aの出力もあり、iPadの充電もでき、またACアダプタつきで充電も速い! 過充電・ショート・発熱(過熱)自動検出機能付きで、夏の季節も安心。 デザインもGood!と欠点が見つからない。 ■私も使ってます!MacBook AirとMacBook ProのSSD容量が足りない人へ、SDカードスロットにジャストフィットのソリッドディスク【PNY StorEDGE Fit SDスロット disk】。 ↓この記事が貴方の役に立ったり、面白いと思われたら下のバナー等をクリックしていただけると小龍のやる気が出ます。

こりゃ一筋縄ではいかないなー