ニュースキュレーション

フリーライターとコンテンツに力を入れたい企業をつなぐプラットフォーム「Contently」がなんと調査報道 NPOを立ち上げました。ここ最近のメディア関連ニュースでは個人的に一番 インパク トがあるものです。 2010年にスタートしたプラットフォームとして、コンテンツマーケティングまわりで利用されてきましたが、公益のためのコンテンツを生み出していくために、 NPO「 The Contently Foundation 」を創設。 フルタイムのエディターにはNew York Postで長年、調査報道記者を務めた後、社会正義を追求するサイト「NotJustUs」を立ち上げたブラッド・ハミルトン氏を起用し、寄稿者も抱えながら、調査報道記事を出していきます。 「a world with great content instead of ads.(広告の代わりに、素晴らしいコンテンツのある世界)」をミッションとして掲げることもあるContently、すでに記事も出ていますが、写真や音声を交えていて、ワンカラムで見やすくコンテンツに集中できます。 Contentlyの取り組みは、プラットフォームとしてどのように公益に資するのか、という点で興味深い事例になると思います。国内でもニュースアプリのようなプラットフォームにおける公共性については、たびたび話題に上がるようになっていますね。 ( 佐々木俊尚氏) Gunosyなどのキュレーションメディアも巨大化するに従って、公共性をどのようにして政策や アジェンダ の設定に結びつけるのかという非常に重要な設問が必ず出てくる。 紙メディアは「ニュースアプリ」をどう見る--新聞、雑誌、作家が語る - CNET Japan また、記事とは関係ないですが、 Contentlyのブログ はメディアやコンテンツに関心ある方にはおすすめです。質も高く、勉強になる情報が多くあるので、ぜひチェックしてみてください。 The Contently Foundation

ええね