ニュースキュレーション

50億円もの資金調達を実施した米 BuzzFeed。 日本をはじめとする海外への展開を本格化するが、 その影で、メディアビジネスの将来を左右する構想がリークされた。 まだアイデアレベルながら重要なコンセプト「分散型BuzzFeed」について、検討する。 米 Business Insider のテック分野担当記者 Alyson Shontell 氏の「The Next Big Media Company Might Have No Website Or App At All (きたるべきビッグなメディアは、Webサイトもアプリも、何も持たないかもしれない)」は、短い論ながら、これからのメディアビジネスを構想する際の重要な思考実験に触れたものです。 本稿では、このコンセプトに着目してみたいと思います。 併せて同記事が参照する、NYTimes.com 掲載の Mike Isaac 氏「50 Million New Reasons BuzzFeed Wants to Take Its Content Far Beyond Lists (箇条書き記事以上に、 BuzzFeed が5000万ドルを必要とする新たな理由)」も見ていきます。 Shontell 氏は、つい最近、"バイラル系"メディアの代表格 BuzzFeed が 850 億円もの時価総額で、50億円の資金調達を実施したとの報道に触れて、2年前に当時 BuzzFeed 編集長として着任したばかりの Ben Smith 氏にインタビューしたことを想い出します。 同氏はその際、こんなことを述べたとします。 ( BuzzFeed CEO の)Jonahと自分は、狂ったようなブレーンストーミングの日々の中で、あるとき" BuzzFeed はサイトを持たなくてもいいんじゃないか"と思いついたんだ。 もちろん、Shontell 氏は衝撃と疑問を持ちます。 はぁ!?

おもろい