ニュースキュレーション

理化学研究所などによるiPS細胞を使用した世界初の臨床研究を受け、iPS細胞の生みの親で、京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授(52)は12日、京都市内で会見を開き、「人のiPS細胞の形成から7年という非常に短い時間で臨床研究という大きな第一歩を踏み出せたのは、関係者のこれまでの長い努力の結晶で、心より敬意を表したい」と話した。

私からしたらまだまだ遅い