ニュースキュレーション

異能ベーションが面白そうです! 異能ベーションとは、 日々新しい技術や発想が誕生している世界的に予想のつかないICT(情報通信技術)分野において、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性があり、奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する個人。ゴールへの道筋が明確になる価値ある失敗に挑戦することを恐れない者。 という イノベーションを生みだす人材を国( 総務省 )が支援する取り組みです。 詳細は、こちらから御覧ください。 最初は、いまいちかな~と思っていましたが、一次選考の結果を見ると、かなり面白そうです。どんな人達が選ばれたのか気になったので、ネットで調べてみました! Photo by http://www.elec.ryukoku.ac.jp/news/23_02_16.html 「誰も気づかなかった電磁気学の盲点を利用する海中ワイヤレス給電システムの高効率化」 株式会社リューテック取締役代表 / 龍谷大学 理工学部 教授  滋賀県にある 龍谷大学 との産学協同プロジェクトです。 WPT(無線電力伝送技術)を用いた研究を行なっています。なんか、今まで見たこと無いような給電ばかりです。線の引かない給電、どうなるのか楽しみです。 この動画では、壁を超えた給電システムの研究動画です。 ほかにも、ロボフィッシュなど、給電の様々な研究を行なっています。 参考  株式会社リューテック     線路又は共振器間結合を利用したワイヤレス給電 左は慶応大学 環境情報学 部熊坂賢治教授、右が伊藤貴一さん Photo by http://sfcclip.net/news2013112909/ 「探索的社会調査ツール(データの取得から分析まで)の開発と実践」 熊坂研は、「面白そうな社会文化現象を、面白い社会調査方法で分析する」というテーマで研究を行っている。ネット上の 自然言語解析や画像を用いた新しいタイプのアンケートを自主開発し、 サブカルチャー などあまり研究対象にならないような文化現象を分析している。 引用: http://sfcclip.net/news2013112909/ 熊坂賢治教授の研究室では、今までにない調査分析を行なって、ユニークな調査をしています。個人的に面白かったのはこちら。 様々なフォントでいやらしい言葉を表示し、どのフォントが扇情的かを調査する「 フォントはエロい」だ。実際に体験した来場者は、その奇抜な研究テーマに驚いていた。「フォントはエロい」の結果について、「 女性は太くしっかりしたフォントをエロく感じるのに対し、男は、細くやわらかいフォントに興奮することがわかった。少々意外な結果だった。ちなみに、僕は女性の感性に近いという結果だった 」と熊坂教授は語った 伊藤貴一さんは、このような調査 ツール の開発を行なっていたそうです。 伊藤貴一さん(政・メ3)は「 ネットを使った社会調査はたくさんあるが、大体は紙のアンケートをwebに載せただけのもの。そういう退屈なものではなく、今の時代に合った、もっと面白い社会調査をやりたい 」と語る。 今までの定量的なものから、定性的なものも、より面白く調査できそうですね! 参考: 【ブース】面白い社会調査をしよう!

なんというか、これがもっと巨大なマネーの呼び水になればいいんだが。