ニュースキュレーション

乗客約351人を乗せて飛行中のヴァージン・オーストラリア航空機内で3日よる、トイレが「爆発」するトラブルが発生した。吹き出した汚水が通路まで流れ出した。同機は出発したロサンゼルスまで引き返すことになったが、乗客らは約3時間の間、悪臭に苦しめられることになった。デーリー・ミラー(電子版)などが伝えた。中国でも新華社系の参考消息報などが報じた。 (如月隼人)

苦しいね