ニュースキュレーション

今、グローバルでビジネスの"デジタル化"が急速に進み、IT活用の優劣が企業の成長や国力の差となる時代となった。そうした中、「後追い」「御用聞き」「労働集約」を特徴とする「ハイテク産業」の姿とはかけ離れたIT業界は、日本企業や日本全体に貢献するどころか、足を引っ張っている。その"不都合な真実"を明らかにする。

ITゼネコンね。