ニュースキュレーション

2009年に打ち上げられたNASAの衛星「ケプラー」は、惑星が主星の手前を通過(トランジット)する時に見られるわずかな減光から系外惑星の存在を検出するという手法で、これまでに3000個以上の系外惑星候補を発見してきた。だが2013年8月、姿勢を制御する装置であるリアクションホイール4基のうち2基目が故障してしまった。

素晴らしい