ニュースキュレーション

ISSこと 国際宇宙ステーション 、その組み立てが始まったのは1998年のことでした。もともと2016年までの運用だったのですが、期間延長が決定し、2020年までは動き続ける予定となっています。 前世紀からパーツが増えたりモジュールを組み替えたりしながら形作られてきた国際宇宙ステーション。その宇宙に輝く姿が2011年にようやく完成するまでの様子を タイムラプスCG で見てみましょう。 基本機能モジュール「 ザーリャ」がぽつんと現れたところから始まり、どんどんパーツが増えて「宇宙ステーション」らしくなっていきますね。注意深く見ていれば、3度に分けてISSと合体した 宇宙実験棟「きぼう」 がどこに合体したのかも見ることができます。 「初期の姿とはかけ離れすぎて、どこに何があるのかわからないや」という方はこちらの図をご覧ください。 タイムラプス動画で見た国際宇宙ステーションの各モジュールがどういう機能を持っているのか、詳しく知りたくなった方はWikipediaの 国際宇宙ステーション組立順序 のページもどうぞ。 Jesus Diaz- Gizmodo SPLOID [ 原文] (abcxyz) インターステラー (竹書房文庫) グレッグ・キイズ,クリストファー・ノーラン,ジョナサン・ノーラン|竹書房 年末の散財のご予定はいかがでしょう? と、年越し前の全力投資を前提の書き出しですが、ボーナスはガジェットやAV機器に突っ込む!という男前っぷりを発揮しようとしている方も少なくないはずです。ステキ! ... 続きを読む"

こりゃあすげえ