ニュースキュレーション

大阪市立大学医学研究科 腫瘍外科学の平川弘聖(ひらかわ こうせい)教授、八代正和(やしろ まさかず)准教授らのグループは25日、がん抑制物質のひとつである「プロスタグランジンD2」(※)の合成を促進する酵素の投与により、動物実験レベルで胃がん治療に成功したと発表した。  がん細胞自身からがん抑制因子産生を促す治療法は、今までにない新しいがんの治療法だという。 ...

すごいな