ニュースキュレーション

投稿日: 便秘症の治療薬のルビプロストンに慢性腎臓病の進行を抑える効果があることを、東北大学大学院医学系研究科の阿部高明(あべ たかあき)教授らがマウスの実験で見いだした。慢性腎臓病に新しい仕組みの薬が生まれる可能性を示す発見で、臨床応用が期待される。慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)の福田真嗣(ふくだ しんじ)特任准教授、曽我朋義(そが ...

ほう。