ニュースキュレーション

12月15日付け官報に3大取次の一つモバイルブック・ジェーピーの決算が上がっていました。 純損失:63,014千円 とのことです。 以前、 出版デジタル機構 の決算を 1,000億円市場規模の電子書籍市場は儲かっているのか? - 電子書籍ガイドさんの電子書籍の外側 で書きました。 出版デジタル機構 もほとんど儲ってない状況です。 電子書籍 の取次がここまでうまく行っていないということは、ビジネスモデルとして構造を変革させないといけないのではないでしょうか? 一般的に 電子書籍は紙の 商流 を引き継いでおり、出版社○%取次○%書店○%という形で対応しています。 業界関係者に聞いた レベニューシェア の比率は 出版社:60%  電子書籍 取次:10% 書店:30% だいたいこんなかんじになるそうです。 3大出版社以外のコミックはもう少し出版社料率が低い場合がありますが、取次の料率がその分増えるとは聞いていません。 電子書籍取次が 電子書籍 化の費用出すので、許諾をくださいという営業も受けました。こんな薄い粗利(と言っていいのかどうか)でビジネスを行うのであれば、この先かなり厳しい状況になると思います。 電子書籍取次がいるからこそ、中小出版社のコンテンツが世にでたり、これからはじめる 電子書籍 書店に商品が流れていくのですが、MBJは過去第6期まで遡っても、赤字続きのようです。 このまま 出版デジタル機構もモバイルブック・ジェーピーも厳しい決算が続くと 電子書籍 業界は発展どころか一部の黒船書店への集約が進み、一部に集約したからこその市場の拡大が鈍化することにつながると考えています。 また、出版社の対応として、 出版社の電子本の支払い明細には、累計DL数が書かれていない。社によっては、今期のDL数さえなく、印税の額だけが書かれている。僕はこれは、絶対に間違っていると思う。支払い明細とは別に累計を送ってもらってもいいが、無駄な経費だろう。その数字から作家自身が考えられることがたくさんある。- 平野啓一郎 (@hiranok) December 26, 2014 というツイートを見かけました。 今一度、 電子書籍業界、特に【出版社】は、作家との 電子書籍 の契約をちゃんとするとか、出版社料率の値下げやもしくは、定額制の導入など、取次や書店が儲かるモデルを入れないといけないのではないでしょうか? 今ココでビジネスモデルを改変しないと 電子書籍 ってそんなのあったよね-的な話が近い将来訪れる予感がしています。 電子書籍 市場は右肩上がりという予測が出ていますが、市場みんなの体力がいつまで持つか?の体力勝負&体力が尽きるまでの時間の問題になっています。 早くみんながこの状態から抜け出せると良いですね? 私は今のモデルのままだと、(日本の) 電子書籍 は誰も儲からないまま終了すると予想しています。 今年、いろいろな 電子書籍 サービスが閉じたように結果として黒船しか残らなかったってことになってしまう(すでにそのスパイラルに突入している)んじゃないかなぁと 官報情報が検索できなくなったので便利なサービスをシェアしますね? 検索⇒官報発行日を見る⇒官報見る ■2014年12月30日追記 ブコメ 見てて、タイトルと官報だけ見てコメントしているのかな?それとも私の筆力が足りないからなのか? 調べられる限りのデータで、MBJは第6期から今回の10期までの5期分赤字になってます。 出版デジタル機構も大きな赤字を抱えていますが、MBJと併せて、 電子書籍 取次業は赤字しか出ないビジネスモデルなのに、大丈夫か?という提起です。 ソコは商慣習的なところだったりするということを書いたつもりだったんですが、筆力無くて申し訳ないです。

つか、紙の本をそのままネットで出そうとしてる時点でダメやん