ニュースキュレーション

クリスマスを祝い、除夜の鐘を聞き、神社へ初詣をする日本人の宗教観は、しばしば世界から疑問視される。しかし、僧侶の松山大耕氏はこの日本人の寛容性こそが宗教の本質をとらえているという。宗教上の問題で争いが絶えない世界に対し、日本の宗教観を発信していく必要性を語ります。

信仰なんてもんはべつに立派なもんでもなんでもなく、単に社会秩序を保つために必要だったからそういう風に位置づけられてただけ